スポンサーリンク

ミヒャエル教会の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ミヒャエル教会
St. Michael's Church

2016/12/13 更新

St. Michael's Church

スポンサーリンク

概要

バイエルン歴代王の安置された教会

St. Michael's Church

バイエルンの王家ヴィッテルスバッハ家の歴代の王たちの遺体が安置されているのがミヒャエル教会だ。
その墓は教会の地下にあり、見学もできる。

ミヒャエル教会は、バイエルン公ウィルヘルム5世によって、16世紀後半に建設されたものだ。
教会分裂の時代に、カトリックの力を強調する目的で作られたものである。

ミヒャエル教会はアルプス以北で最大規模のルネッサンス様式の教会としてもよく知られている。
内部には、世界で2番目に大きい独立型のアーチ天井も見ることができる。
エントランスの大きな作りの窓は、光を上手く取り入れ、建物内を明るくしている。

同教会では、合唱団やオーケストラによる定期演奏会も行なわれるので、訪れる人はスケジュールのチェックも必要だ。

見どころ

①ルネッサンス様式の広い内部

St. Michael's Church

ルネッサンス様式で建設された建物として有名なミヒャエル教会。

ルネッサンス様式とは、15-17世紀初頭にイタリアを中心に広まった建築・美術様式のこと。
その様式は古代ローマを思わせ、建築ではシンメトリー(左右対称)、バランス(調和)を重視したものである。

教会の正面は、三角形の切り妻屋根になっておりルネッサンス様式であることがわかる。
また、ルネッサンス様式ならではの、大きなアーチ形の天井を持っているので注目だ。

(Photo by Michela Simoncini Ştefan Jurcă)

②教会地下にある王家の墓

ミヒャエル教会の地下にはバイエルンの王家の墓があり、著名な人物たちの棺が安置されている。
バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の歴代王である狂王ルードヴィヒ2世や、ボヘミア王オットーも安置されている。

狂王ルードヴィヒ2世は、別名メルヘン王とも呼ばれた非常に有名な王。
幼いころから神話や騎士伝説を好み、統治中には実際に中世風の「ノイシュヴァンシュタイン城」や、ルイ14世を敬愛してヴェルサイユ宮殿を模倣した「ヘレンキームゼー城」などを建築させている。
ルードヴィヒは若い頃美貌に恵まれ、多くの画家たちによって描かれた人物で、未だに人気のある王だ。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット