アザム教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アザム教会
Chiesa di Asam

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/Chiesa-di-Asam_02-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

バロック様式とロココ様式の小さな教会

アザム兄弟によって作られた、ミュンヘンの小さな教会が「アザム教会」だ。
正式名称は聖ヨハン・ネポムク教会だが、建てた二人の兄弟の名を取ったアザム教会で知られている。

18世紀初頭に設計、建築されたこの教会は、もともとは自分たちのための教会としてアザム兄弟が建てたもの。
荘厳で豪華な内装、数多くの壁画や彫刻、しっくい装飾が特徴的な建築物だ。
内部の天井には、コスマス・ダミアン・アザムが描いたフラスコ画も見ることができる。
内部は3つの階に分かれていて、色合い、装飾、照明それぞれに違いがあり、こだわりをもって建てられた教会である。

ミュンヘンで最もおしゃれなショッピングエリアの、センドリンガー通りに位置する場所にある。

見どころ

バロック様式の内部装飾

アザム教会を建築したアザム兄弟は、バイエルンで建築、絵画、彫刻、スタッコ装飾を共同で取り組んでいた兄弟だ。
そんな兄弟が手掛けた教会は、後期バロック様式で建てられたことで知られている。

バロック建築とは、1590年頃から盛んになった建築様式のことである。
彫刻や絵画を含めて、複雑さや多様性を示すことを特徴としている。
このアザム教会の内部も、装飾と多くの曲線で埋め尽くされ、複雑なバロック様式を見ることができる。

ミュンヘン旅行者の必読記事

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク