ベルリン近郊

特集

ベルリンのホテル

【ベルリンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるベルリンだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

ベルリンのお勧め定番観光スポット10選

初めてベルリンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ベルリンから行ける世界遺産

ベルリンから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ベルリンから行ける世界遺産は全部で8箇所。 ベルリンに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

berlin food

ベルリンの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ドイツの首都、ベルリンは1989年ドイツ統一時のベルリンの壁崩壊のイメージが強い人も多いだろう。文化、産業の中心であり、交通機関が発達、住みやすい都市としても有名。多くの海外移住者が住んでいることもあり、国際色豊かなレストラン数々が軒を連ねる。ミシュランの星付きレストランも多く、比較的リーズナブルにおいしい食事を楽しめるほか、マーケットでは様々な種類の有機食材が手に入るので、ヘルシー志向の人にはおすすめ。

Berlin plan

ベルリン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のベルリン旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどドイツの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ドイツには40箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるドイツ。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

ベルリン近郊

4件

Gedenkstatte und Museum Sachsenhausen

1

ザクセンハウゼン強制収容所

全強制収容所のフラッグシップに残された陰惨な過去

1933年に設立された「オラニエンブルク収容所」は、1936年に整備され「ザクセンハウゼン強制収容所」と改名された。 ここはナチス・ドイツの勢力下にある全収容所の本部だ。 ザクセンハウゼン強制収容所を手本にして各地の収容所のオペレーションが構築されていった。

Wannseekonferenz

2

ヴァンゼー会議記念館

ホロコーストが決定された歴史的建造物で平和を考える

ここは美術館や博物館のように特段華やかな場所ではない。 しかし歴史的な位置づけとしては非常に重要な場所だ。1942年にドイツの高官がここに集まり、ユダヤ人のホロコーストが決定された。

Gedenkstatte Plotzensee

3

プレッツェンゼー記念館

ナチスの中心的な刑務所、プレッツェンゼー監獄

第二次世界大戦当時のプレッツェンゼー監獄。 反ヒトラー抵抗運動に参加していた市民は捕らえられ、この中に収容されていた。 その際処刑された人数は2891人。 今も当時の処刑室の一部を見て回ることができる。

スポンサーリンク

ローザ・リスバートの料理2

4

ローザ・リスベルト

大きな薪オーブンから生まれる本格的なアルザス料理

ベルリン近郊に堂々と居を構える「ローザ・リスベルト」は、非常に評価の高いアルザス料理を専門とするフランス料理レストラン。店の中央にあるキッチンに悠然と佇む薪オーブンと凄腕シェフから生まれる絶品料理を味わおうと毎日多くの人々が足を運ぶ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク