スポンサーリンク

ホーチミン観光スポット・旅行の無料データガイドブック

ホーチミンの観光スポットガイド

HowTravelはベトナムホーチミンの観光スポット情報を無料でお届け!ホーチミンの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

かつて「東洋のパリ」と呼ばれたベトナム南部の都市、ホーチミン。壮大で美しいネオゴシック建築の傑作「サイゴン大教会」や、コロニアル建築の芸術的な「サイゴン中央郵便局」といったフランス統治時代の数々の建築物が訪れる者を魅了してやまない。 「戦争証跡博物館」や「クチトンネル」、「統一会堂」など、長きにわたったベトナム戦争を今に伝えるスポットも訪れ、その歴史に触れる機会もつくってみよう。 1日中圧倒されるほどに賑わう「ベンタイン市場」や、ファングーラオ通りとブイビエン通り、デタム通り界隈の眠らない「バックパッカー街」のあふれる活気を肌で感じつつ、名物料理を堪能するのもホーチミン旅行の醍醐味。

特集

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

海外旅行用クレジットカード

【Q&A】海外旅行×クレジットカードについての疑問を徹底解説!

海外キャッシングや旅行保険、マイルを貯める機能など、クレジットカードには海外旅行時に使える機能が多数ついている。一方で、実際どうやってその機能を使えば良いかわからなかったり、海外でクレジットカードを使うのが怖かったりと、うまく活用できていない人も多いのではないだろうか。そこで、この記事では海外旅行×クレジットカードの疑問点をQ&A方式でご紹介する。

観光

92件

War Remnants Museum

1

戦争証跡博物館

ベトナム戦争の残酷な歴史を今に伝える博物館

1975/4/30午前、北ベトナム軍(解放軍)の戦車が統一会堂(旧大統領官邸)の門を破って突入。 南ベトナム政府は崩壊し、15年に及んだベトナム戦争は終結を迎えた。 ベトナム戦争では南北合わせて500万人のベトナム人が犠牲になり、数百万人を超える負傷者がでた。 犠牲者の半数以上は民間人だったという。 また、南ベトナムを支援していたアメリカ軍が大量に使用した枯葉剤(Agent Orange)の影響で、当時のみならず、戦後40年経った現在でも苦しんでいる人々が数多くいるのも忘れてはならない。

Saigon Notre-Dame Basilica

2

サイゴン大教会

壮大で美しいフランス統治時代のネオゴシック建築の傑作

サイゴン大教会は、1877年-1880年にかけてフランスの入植者によって建築されたネオゴシック様式のカトリック大聖堂で、建築に使われた材料はすべてフランスから輸入された。 外壁用の赤レンガはマルセイユから取り寄せられたもので、建築時にコンクリートでのコーティングを行わなかったにもかかわらず、完成から130年以上経った現在まで、建築当時の鮮やかな赤い色を保っている。

Cu Chi Tunnels

3

クチトンネル

ベトナム戦争中のゲリラ戦の爪痕が随所に残る戦争史跡公園

フランス統治時代の1948年以降に作られたクチトンネルは、ベトナム戦争開戦後の1961-1965年にかけて急速に広げられたもので、全長250キロメートルに渡って張り巡らされた地下トンネル網。 最新の兵器で攻撃するアメリカ軍に対して、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン/解放軍)は自作の武器や数々の罠を仕掛けてゲリラ戦に持ち込んだ。

Pham Ngu Lao Street

4

ファングーラオ通り

1日中にぎわう旅行者たちの旅の拠点

ファングーラオ通りは、9月23日公園(Công viên 23 Tháng 9)の南側にある大通りである。 通りの名前は、13世紀後半にベトナム陳朝の3-5代皇帝に仕えた将軍で、国民の英雄的存在のファン・グー・ラオ(Phạm Ngũ Lão)にちなんでつけられたもの。

もっと見る

スポンサーリンク

エンタメ

105件

Dam Sen Cultural Park

1

ダムセン公園

地元ベトナム人の憩いの場、自然あふれるテーマパーク

50ヘクタールに及ぶ広大な敷地内の20パーセントが湖、60パーセントが木々と庭園が占める自然の中のテーマパーク、ダムセン公園。週末になると、湖でボートに乗ったり、芝生でお弁当を広げてピクニックを楽しんだりと、思い思いに過ごす地元のベトナム人たちで賑わいを見せる。

Bui Vien Street & De Tham Street

2

ブイビエン通り&デタム通り

世界中のバックパッカーたちで賑わう眠らない街

ブイビエン通りとデタム通り周辺には安宿やミニホテル、格安のツアーを催行する旅行代理店が多く軒を並べ、世界中からバックパッカーたちが集まる、ホーチミンの「バックパッカー街」として知られている。 また、タイ料理やトルコ料理など世界各国の料理が味わえるレストランが近年次々にオープンしているほか、日系のコンビニもある。

Saigon River Dinner Cruise

3

サイゴン川 ディナー クルーズ

雄大なサイゴン川からホーチミンの幻想的な夜景を見ながらのディナークルーズ

大きなカーブを描きながらホーチミン市内を雄大に流れるサイゴン川から、幻想的な夜景を見ながらおいしいベトナム料理を楽しむディナークルーズ。街中の喧騒から離れて、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができる。クルーズ船が動き出し、ホーチミン市内の夜景がだんだん離れていく様子はどこかノスタルジック。

Water Puppetry

4

水上人形劇

1000年の歴史を誇るベトナムの伝統芸能

11世紀頃にベトナム北部の紅河デルタ地域の農村から始まり、のちに宮廷などでも上演されるまでに発展したと言われる水上人形劇。1121年にハノイ郊外の村の仏塔に建てられた石碑に、黄金の甲羅を持つ亀や妖精が登場する水上人形劇の演目の様子が刻まれているが、始まりに関する詳しい文献は残っていない。

もっと見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ショッピング

139件

Ben Thanh Market

1

ベンタイン市場

1日中賑わうホーチミン最大規模のマーケット

市内中心部にありアクセスもしやすいことから、常に訪れる多くの人々でひしめき合うベンタイン市場。 狭い通路の両側に崩れそうになるほど積まれた商品の山と、活気あふれる人々の様子は圧倒されるほど。 アオザイやTシャツなどの衣料品や化粧品、靴やサンダル、ベトナム雑貨、コーヒーや製菓、生鮮食品を含む食料品など、ありとあらゆる商品を扱う店舗が、広い建物内にエリアごとに分かれて所狭しと立ち並ぶ。

Dong Khoi Street

2

ドンコイ通り

高級ブランドのショップや雑貨店が立ち並ぶ「ベトナムのシャンゼリゼ通り」

旅行の楽しみの一つ、ショッピング。ここドンコイ通りは、高級ブランドを取り扱うショップやデパートから、ベトナムらしさ溢れる雑貨店、人気のカフェやベトナム料理の老舗レストランに、スパやマッサージ店まで、まさに何でもそろうホーチミンのメインストリート。 フランス領インドシナ時代に建てられた美しい建物が多く、「ベトナムのシャンゼリゼ通り」とも呼ばれている。

Binh Tay Market

3

ビンタイ市場

2300を超える店舗がひしめき、活気に満ちあふれるホーチミン最大規模の市場

80年以上の歴史があるビンタイ市場は、中庭を囲む形の2階建ての建物とその周辺に実に2300を超える店舗が軒を寄せ合い、常に多くの人がひしめき合う、ベンタイン市場と並んでホーチミン市内最大の規模を誇る市場である。 ホーチミンにいる中国系の人々の大部分が住むチョロン地区に、当時のフランスの近代建設技術を用いて建てられた、中国古代建築を思わせるデザインの建物も独特の魅力がある。

An Dong Market

4

アンドン市場

チョロン地区にある地元住民向けのビル型屋内市場

1954年に設立された近代的なビル型のアンドン市場は、観光客はほとんどいない地元の人向けの市場。吹き抜けになった地上3階、地下1階建てのビル内に、所狭しと店舗が並ぶ。 地下1階は乾物や生鮮食品などの食料品店とローカルな食堂街、1階にはアオザイ用の生地や宝石、化粧品や帽子、靴やサンダルなど、2階には見渡す限り山と積まれた洋服が、3階にはアオザイやベトナム雑貨、民芸品などが売られている。

もっと見る

グルメ

1678件

Saigon River Dinner Cruise

1

サイゴン川 ディナー クルーズ

雄大なサイゴン川からホーチミンの幻想的な夜景を見ながらのディナークルーズ

大きなカーブを描きながらホーチミン市内を雄大に流れるサイゴン川から、幻想的な夜景を見ながらおいしいベトナム料理を楽しむディナークルーズ。街中の喧騒から離れて、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができる。クルーズ船が動き出し、ホーチミン市内の夜景がだんだん離れていく様子はどこかノスタルジック。

La Villa French Restaurant

2

ラ ヴィラ フレンチ レストラン

ホーチミンで話題の高級フレンチ

ラ・ヴィラは、ホーチミンで現在もっとも人気があるフレンチレストランと言っても過言ではない。 高級住宅街の一角にひっそりと建ち、内装もエレガントにまとまっている。 天気が良ければ外の席がおすすめ。 プールサイドのテラス席はロマンチックな夜を一層盛り上げてくれる。

Noir.

3

ノア

話題沸騰の暗闇レストラン

ホーチミンで今一番話題を集めているレストランがここ「Noir.」だ。 そのコンセプトはとてもユニークで、店内は真っ暗、フォークも料理も隣の席の友人も見えないほどの真っ暗闇の中で食事をするのである。 別名暗闇レストランとも呼ばれるのはこのためだ。

Chanh Bistro Rooftop Saigon

4

チャン ビストロ ルーフトップ サイゴン

気軽に行けるカジュアルなビストロ

美味しいフランス料理をリーズナブルに食べたい、また、カジュアルな雰囲気で食事がしたい、というときにピッタリなのがこのレストランだ。 ビルの6、7階にあるため眺めも良く、テラス席は夜風も心地よい。

もっと見る

ホーチミンの基本情報


  • 天気、曇りなどの天気のアイコン

    気候

    年間通じて暖かく、冬でも30度を超える日があることも珍しくない。また湿度が高く、日本の真夏よりも蒸し暑く感じる。汗をかきやすいので、こまめに着替えたり、水分補給をとるなど、熱中症対策をしておくこと。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    時差・サマータイム

    ホーチミンと日本との時差は-2時間。つまり、日本が正午の時はホーチミンでは午前10:00となる。サマータイムは導入していない。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    フライト時間

    直行便で6時間40分ほど

  • 通貨のアイコン

    通貨

    ベトナムの通貨単位はドン(VND)。紙幣は「VND50万」、「VND20万」、「VND10万」、「VND5万」、「VND2万」、「VND1万」、「VND5000」、「VND2000」、「VND1000」、「VND500」、「VND200」、「VND100」の合計12種類。コインは、「VND5000」、「VND2000」、「VND1000」、「VND500」、「VND200」の5種類。

    >>詳細を知る

  • 税(TAX)のアイコン

    税金

    ベトナムの付加価値税(VAT)は10パーセント(一部5パーセント)で、基本的には商品価格に含まれている。

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    チップ

    もともとチップの習慣はないが、都市部では浸透してきている所もある。

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    治安

    ホーチミンに限らず、ベトナムは治安が良い。重大犯罪が発生することは稀だ。ただし、スリやぼったくりなどの犯罪は、特に外国人旅行者を狙って横行しているので注意すること。

    警察は113、消防は114、救急車両は115

  • 天秤のアイコン

    規則

    ・猥褻物の所持は罰金(日本では普通の雑誌でも猥褻物として扱われることがあるので注意)
    ・レンタルバイクの運転は罰金
    ・麻薬に関連する犯罪は死刑

  • オープンのアイコン

    営業時間

    ・銀行
    月曜-金曜は8:00-11:30、13:00-16:00
    土曜、日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    8:00-21:00ごろ

    ・レストラン
    10:00-22:00ごろ

  • パスポートのアイコン

    パスポート

    入国時に6ヶ月+滞在日数以上の有効期間が必要。

    観光でベトナムを訪れる日本人は滞在期間が15日以内であればビザは不要。ただし、ベトナムを出国してから30日以内に再度入国する場合は、ビザが必要になる。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    電話

    ・ホーチミンに日本から電話する場合
    国際電話のベトナムの識別番号は84。001(国際電話識別番号) + 84 + XXX + XXX + XXXX

    ・日本にホーチミンから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    電圧・プラグ

    ベトナムの電圧は220Vが主流で周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要。

    電源プラグの形状は電源プラグはA型とC型が主流で、稀にSF型/BF型も存在する。多機能プラグ変換器を持っていくとよい。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    飲料水

    水道水は衛生面で問題があることが多いため、飲まないように。各所で販売されているミネラルウォーターを飲むようにしよう。

  • アクセス・交通のアイコン

    交通機関

    ホーチミン市内観光の足の中心はタクシー。メーター式のタクシーが流れており、捕まえるのに苦労することはあまりない。タクシー以外にもバスやバイクなどの手段があるが上級者向きだ。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!ホーチミンの代表的な観光スポット!

    10位:水上人形劇

    9位:ブイビエン通り&デタム通り

    8位:ドンコイ通り

    7位:ホーチミン博物館

    6位:ベンタイン市場

    5位:サイゴン中央郵便局

    4位:サイゴン川 ディナー クルーズ

    3位:クチトンネル

    2位:サイゴン大教会

    1位:戦争証跡博物館