スポンサーリンク

マニラ・オーシャン・パークの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

マニラ・オーシャン・パーク
Manila Ocean Park

2016/08/04 更新

Manila Ocean Park

スポンサーリンク

概要

多彩なアトラクションが魅力

Manila Ocean Park

2008年オープンのフィリピン初の水族館を中心とした海洋テーマパークだ。
オープン当初は工事中の施設が多く、アトラクションの数も少なく物足りなかったが、2015年現在では充実した施設を誇る。

一番安い「Deep Sea Rush 6」コースでも、水族館とアシカのショーのほか4つのオプションがついてきて充実している。
ペンギンへのえさやり体験やダイビング体験なども楽しめるようになっており、小さい子供だけではなく大人も楽しめる。
また、マニラ湾に面しているので、夕暮れ時には目の前のマニラ湾に沈む夕陽を目当てに人々が集まってくる。

併設の宿泊施設として完成したH2Oホテルのオーシャンビュールームはマニラ湾を一望できるとあって観光客に人気が高い。

見どころ

長さ20メートルに及ぶ海底トンネル

Manila Ocean Park

本水族館の一番の呼び物は「Buhay ng Karagatan」(タガログ語で「海洋の生き物」)と呼ばれる半円状に220度の広角でつくられたガラス張りの海底トンネルで、訪れた人々が楽しみながら海洋生物の暮らしを知ることができるようになっている。
大きなエイやサメ、色とりどりの熱帯魚がトンネルのガラスの向こう側をゆっくりと回遊してゆく様は時を忘れて見上げてしまう。
20メートルとトンネルの長さが長いので、お気に入りの魚と写真を取るのは意外と難しい。
しばらく魚の動きを観察して検討をつけてから撮影するようにすると上手くいく。

(Photo by Roberto Verzo Don Dexter Antonio Photography ? Foxyreign)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット