マカオ半島北部

特集

マカオのホテル

【マカオのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるマカオだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

マカオ

マカオ旅行の費用、予算とモデルプラン

マカオの正式名称は、中華人民共和国マカオ特別行政区。 中国の特別行政区の1つで、過去にはポルトガルの植民地だった場所だ。 現在はカジノを筆頭に、世界遺産などを中心とした複数の観光スポットがあり、世界中から沢山の人が訪れる。 今回はそのマカオ旅行にかかる予算や費用をご紹介したい。

macau-food

マカオの名物料理10選!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区のひとつ「マカオ」。香港からわずか15分ほどの距離にある、元ポルトガルの植民地だった都市である。植民地の歴史ゆえに、公用語もポルトガル語と広東語だ。ポルトガル文化は料理にも大きな影響を残し、マカオではポルトガル発祥のグルメも数多く受け継がれている。マカオの大きな特徴は、ポルトガル、中華、アジアなどの文化が混ざり合って生み出された「マカオ料理」。スパイスの効いた肉料理や、ココナッツミルクをふんだんに使ったデザートなど、マカオ独特の食文化が息づく都市なのである。

Macau plan

マカオ旅行6泊7日の予算とモデルプラン

マカオ旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。マカオのみどころは、世界遺産に登録されている「マカオ歴史市街地区」がある。教会や広場が集まるこの地区では、ヨーロッパ の景色の中にアジアの雰囲気が漂う、異国情緒あふれる街並みを楽しむことができるだろう。また、マカオといえば世界一のカジノ大国。マカオには、多くのカジノを楽しめる場所がある。カジノを楽しむのもマカオ旅行を堪能できる一つのプランとなるだろう。

Grand-Lisboa-Macau

マカオのお勧め定番観光スポット10選

初めてマカオに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

マカオ半島北部

10件

Rotunda de Carlos da Maia

1

三盞燈

伝統ある路地を歩き、マカオの市民文化を実感

カジノや高級ホテルに埋もれがちであるが、マカオの文化は東アジアと東南アジア、それに旧宗国であるポルトガルの文化が入り混じった独特なものである。 特に市場の雰囲気に関しては東南アジアのそれに程近く、屋台街も発展している。

Red Market

2

紅街市

観光都市マカオで、リアルに人々の生活の息吹を感じる

観光産業に特化しているマカオは、「東洋のラスベガス」と言われるだけあって、ホテルやカジノ、ショッピングモールなどからとかく「アジア的」な雰囲気を排しがちな側面がある。 そんなマカオで「アジア的」な雰囲気を存分に味わい、地元民の生活に触れることが出来るのが、この紅街市だ。

Museu Memorial Lin Zexu de Macau

3

林則徐紀念館

アヘン撲滅の地となった、歴史ある中国寺院

北区・マカオ半島の中心部に位置する中国寺院、蓮峰廟に隣接する林則徐紀念館は、清代に欽差大臣として活躍した林則徐の生い立ちから功績を追うことの出来る場所である。 なぜこの場所に紀念館が建っているかというと、林則徐が蓮峰廟をアヘン撲滅の起点としたことが有名なためである。

スポンサーリンク

Casa Cultural de Chá de Macau

4

澳門茶文化館

アヘン戦争の契機にもなった、マカオでの茶文化を伝える施設

澳門茶文化館は2005年に開館した比較的新しい博物館である。 小路の中にある非常に小ぢんまりとした建物であるために、予備知識がないと完全に見落としてしまうだろう。 ロウ・リム・イオック庭園と隣り合った外壁がクリームイエローの可愛らしい建物であり、ロウ・リム・イオック庭園から直接入ることも出来る。

Templo de Kun Iam Tong

観音堂

荘厳な中国寺院は、地域に根差した寺として親しまれる

マカオ北区の中心部、高層マンションも立ち並ぶ住宅街の真ん中に、観音堂は建立されている。 観音堂はその規模や建築様式の美しさから、マカオにおける三大古廟として有名であり、国外からの観光客も数多い。

Museu dos Bombeiros

消防博物館

ファンシーな外観からは想像がつかない、消防の古今東西を知る場所

マカオ消防博物館は、北区・マカオ半島のほぼ中心部に位置する。 1920年代に実際に使われていた消防本部のビルを改築して作られた外観は、台湾の中正紀念堂をレモンイエローにしたような立派ながらもファンシーさの感じられる可愛らしい建物であるが、内部にはマカオの消防に関する歴史を全て知ることが出来る本格的な展示が多数存在している。

Parque Municipal da Colina de Mong Há

モンハの丘公園

パノラマビューがすばらしい、歴史ある公園

マカオ半島北部のモンハの丘に位置するモンハの丘公園は、360度見渡せるパノラマビューがすばらしい、隠れた観光名所である。 公園内の坂を登って展望台まで行くと、マカオ市街や、中国大陸まで見渡すことができる。

スポンサーリンク

Jardim de Lou Lim Ieoc

ロウ・リム・イオック庭園

東アジアと東南アジアの文化が融合する、蘇州様式の大庭園

マカオ北区のほぼ中央部に位置する巨大な緑地が、ロウ・リム・イオック庭園である。 19世紀後半に造られたこの大庭園は、もともと盧華紹一族のものであった。 しかし20世紀に入って一族が衰退すると、この巨大な庭園はマカオ政府に買い取られ、1974年に市民向けに公園として無料開放が行われる運びとなった。

Rua da Emenda-Rua do Lu Cao-Rua do Rebanho

義字街、盧九街、群隊街

マカオに住む人々の台所

マカオ最大規模の屋台マーケットエリアとして知られる通り。 マカオ半島北部を東西に貫くメインストリートである高士徳大馬路を南に入る3本の細い路地がそれぞれ義字街、盧九街、群隊街である。 細い路地で車が入らないため、路地の両側に建つ商店の前にはパラソルやテントを出した露店が並ぶ。

Educational Restaurant

澳門旅遊學院教學餐廳

未来のエリートホテルマンから本格マカオ料理をいただく

「澳門旅遊学院(通称IFT)」は一流のホテルマンを育てるマカオ政府立大学で、実習施設としてホテル「望廈賓館(ポウサダ・デ・モンハ)」とレストラン「教學餐廳(エデュケーショナル・レストラン)」を備える。

スポンサーリンク

スポンサーリンク