義字街、盧九街、群隊街でのお土産情報、料金、アクセス・行き方、営業時間

義字街、盧九街、群隊街 (ギジガイ、ロキュウガイ、グンタイガイ)
義字街、盧九街、群隊街 (ルア ダ エメンダ、ルア ド ル カオ、ルア ド レバンヨ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

3 Rua de Tome Pires Macau
バス7、7A、17、19号線の連勝馬路停留所より徒歩約1分

料金

無料

営業時間

店舗により異なる

休業日

年中無休

HP

-

Rua da Emenda-Rua do Lu Cao-Rua do Rebanho
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

マカオに住む人々の台所

Rua da Emenda-Rua do Lu Cao-Rua do Rebanho

マカオ最大規模の屋台マーケットエリアとして知られる通り。
マカオ半島北部を東西に貫くメインストリートである高士徳大馬路を南に入る3本の細い路地がそれぞれ義字街、盧九街、群隊街である。
細い路地で車が入らないため、路地の両側に建つ商店の前にはパラソルやテントを出した露店が並ぶ。
野菜や果物、衣料品、寝具、文具など生活必需品が揃い、スーパーで買うより安くて新鮮な食料品が手に入ることから、常に地元の買い物客でにぎわっている場所である。

通りによって扱っている商品は少しずつ異なる。
義字街では、野菜や果物、乾物、加工肉などの食料品を中心に取り扱っているが、南側のエリアでは衣料品や日用雑貨を扱う店舗も並んでいる。
盧九街には衣類や靴、花を売る店や露店が多い。
群隊街では義字街と同様、野菜や果物などの食料品を中心に扱っている店が多い。
野菜や果物は量り売りが多いが、価格は明確に表示されているので安心だ。
観光地ではないため、中国語以外はあまり通じない。
また、人混みを進むことになるので、貴重品には注意しよう。

見どころ

ローカルグルメの食べ歩きをしてみよう

市場の近くには美味しい食べ物を出す店がある。
ここ、義字街・盧九街・群隊街を中心とした屋台マーケットエリアにもそれはあてはまる。

例えば高士徳大馬路から群隊街に入る手前にある「食味堂」は餃子や麺類などをテイクアウトできる人気店。
また、群隊街を出て咩卑利士街という通りを少し行ったところにある「昌盛咖啡粉麵店」は蒸し物の店。
ここも気軽に肉まんなどの蒸し物をテイクアウトすることができるおすすめの店だ。

義字街・盧九街・群隊街やその周辺では、他にもローカルフードを楽しめる店がたくさんある。
お気に入りの店を探してみたい。

編集部一押しの観光プラン

有名監督が手掛ける世界最大級の水上ショー!

  • マカオのお勧めツアー

    「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」公演チケット

    元シルク・ド・ソレイユの舞台美術監督が手がける世界最大級の水上エンターテイメントショー。西洋の粋を結集、人間の美しさを極限まで追求した、ダンスありダイビングありの壮大な愛の物語だ。どの席でも見応えがあると非常に人気。

    ➡ 詳細はこちら

  • マカオ旅行者の必読記事

    (Photo by Anthony Lima Mok Anthony Lima Mok)

    アクセス・入場

    義字街、盧九街、群隊街へのアクセス

    3 Rua de Tome Pires Macau
    バス7、7A、17、19号線の連勝馬路停留所より徒歩約1分

    プラン相談

    どんなマカオ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマカオ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マカオのホテル
    海外での防犯対策グッズ