スポンサーリンク

地壇公園の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

地壇公園 (チダンコウエン)
地坛公园 (ディタンゴンユェン)

2016/08/04 更新

Temple Of The Earth

概要

春節の廟会でおなじみ

Temple Of The Earth

明清時代の皇帝が地の神を祀った所である方澤壇とも呼ばれる地壇は、1530年(明の嘉靖9年)に建てられた。
1925年に一般に開放され、京兆公園と名づけられたが、その後市民公園に改称、更に1957年に地壇公園と改称された。
現存する唯一の国内最大の祭場である。
方澤壇・皇祗室・宰牲亭・齋宮・神庫等の古代建築が残っている。

古代中国の「天南地北」という思想により、紫禁城の北方に位置している。
「天は円、地は方」という古代思想に基づき、天の神を祀る天壇は主な建築が円形であるのに対して、地壇は方形が基調とされている。
また、陰陽思想に基づき、石段や柱など、天壇は奇数、地壇は偶数で構成されている。

年に一度の「春節文化廟会」はここで行われ、期間中は園内のあちこちで民間芸能が開かれ、北京の伝統的な食べ物の屋台も並び、大いに賑わう。

(Photo by Ivan Walsh Paul Louis)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット