スポンサーリンク

什刹海の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

什刹海 (シュウセツカイ)
什刹海 (シーチャーハイ)

2017/05/05 更新

Shicha Lake

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

北京発祥の地とも呼ばれるエリア

Shicha Lake

前海、後海、西海の3つの湖の総称で、「先有什刹海、後有北京城(先に什刹海あり、後に都市北京あり)」という言葉があるように、北京が出来る前から什刹海はあった。
800年ほど前の元代に皇帝フビライの命をうけ、大規模な水利工事が行われ物資を運ぶ大運河の終点として栄えた。

1992年に「歴史文化旅行風景区」、2000年に「歴史文化保護区」として指定されており、また2005年に中国国家地理雑誌社主催の「中国で最も美しい地方」という特集で五大都市区の一つに選ばれている。

見どころ

古き良き北京

Shicha Lake

おしゃれなカフェやバーが並び、昼も夜も観光客や地元の人で賑わっている。
什刹海の周辺は皇族や富裕層が居住していたとして、今もその史跡が残る。
また、昔ながらの四合院や胡同、寺院も多く残っており、古い町並みと現代的なバーなどが混在し、他の地域にはない雰囲気が漂っている。

前海と後海を繋ぐ水路にかかっている石橋「銀錠橋」から西側の西山を見る景観は「銀錠観山」と呼ばれる絶景ポイントとなっている。
また、銀錠橋より東のエリアには蓮の花が咲き乱れ、当時”都で蓮が最も美しい場所”とされ「蓮の花の小さな湖」とも呼ばれた。
湖畔にはシダレヤナギが並び、什刹海の景観を一層美しいものにしている。
冬には氷点下で凍った湖がスケートリンクとなる。

北京の危険対策


(Photo by FANG Chen FANG Chen)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク