スポンサーリンク

労働人民文化宮の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

労働人民文化宮 (ロウドウジンミンブンカキュウ)
北京市劳动人民文化宫 (ベイジンシーラオドンレンミンウェンファゴン)

2017/05/05 更新

Beijing Working People's Cultural Palace

概要

最も保存状態の良い明代建築物


労働人民文化宮は、明の永楽18年(1420年)に創建され、当時は「太廟」と呼ばれていた。
明・清時代には皇族が祖先を祀った廟であった。
全体的に創建当時の外観を保っており、最も保存状態の良い明代建築物の一つに数えられている。
1949-50年に周恩来の指示により改装、労働者の文化、娯楽、教育活動の施設として一般市民に開放された。

太廟総面積は約14万平方メートルで、敷地は四方を三重の塀に囲まれている。大殿、二殿、三殿が南北に三つ並んでいる。
正門には毛沢東直筆の扁額「北京市労働人民文化宮」が飾られている。

天安門東側に位置するため、天安門を観光したあとに故宮へ向かう人が多く、「労働人民文化宮」を見学する人は少ない。
そのため、西北門に「太廟」の扁額が復活した。

北京の危険対策


(Photo by Gene Zhang David Baron)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク