リージェンツ・パーク周辺×ミュージアム

このカテゴリーをロンドン全域で見る

リージェンツ・パーク界隈×ミュージアム

4件

The Sherlock Holmes Museum

1

シャーロック・ホームズ博物館

シャーロキアンの聖地

まったく読書をしない人であっても、名探偵シャーロック・ホームズの名前を知らないという人はまずいないのではないだろうか。コナン・ドイルによって書かれた「シャーロック・ホームズ」シリーズは、全世界で最も有名で最も熱狂的なファンをもつ推理小説だ。そんなシリーズの聖地といえるのが、こちらのシャーロック・ホームズ博物館である。 博物館は、ロンドンのメインストリートであるベーカー街に立地しているのだが、実はこれは作中でのホームズの住居がこのベーカー街にあったのではないかと考えられている為だ。

Camden Arts Centre

2

カムデン・アーツ・センター

おしゃれなカフェもあるカムデンの近代美術館

カムデン・アーツ・ギャラリーは世界中の近代アートを集め展示する美術展である。 期間ごとに様々な近代美術の展示を行っており、映像、絵画、陶芸、オブジェなどの異なる表現での近代アートを一年中新鮮に楽しむことが出来る。

Freud Museum

3

フロイト博物館

精神分析の父を知る博物館

フロイト博物館は、精神分析の父と言われているジークムント・フロイトが晩年に過ごした家を、1986年に一般公開したものである。 フロイトは、亡くなるときまで、人間の精神や本性について研究を続けた人物である。 もともとドイツに住んでいたが、ナチスドイツの影響により、ロンドンに移り住むことになったため、彼の住居がロンドンにあるのだ。

スポンサーリンク

Madame Tussauds

4

マダム・タッソーろう人形館

精巧過ぎて本物と見間違える、ろう人形の館

有名人公認のろう人形館「マダム・タッソーろう人形館」。 1835年にろう人形彫刻家のマリー・タッソーによって、ロンドンに開館したのが始まりである。 以来、チャップリンやアインシュタインなどの偉人をはじめ、世界の政治家、アーティスト、有名人、スポーツ選手などの精巧なろう人形を作りだしている場所。 今でも、マダムから継承されている技術で作られているのは驚きだ。