ロンドン近郊 西部×建築物

このカテゴリーをロンドン全域で見る

西部×建築物

5件

stonehenge

1

ストーンヘンジ

謎多きパワースポット「ストーンヘンジ」

ストーンヘンジとは、イギリス南部・ソールズベリーにある、複数の巨石がサークル状に並んだ遺跡群。紀元前約2500年-2000年の先史時代に建てられたとされ、巨石は大きいもので高さ7メートル、重さ50トンほどにも及ぶ。1986年にはユネスコの世界遺産に加えられており、また世界有数のパワースポットとも言われている。 イギリスの代表的な観光名所であり、特に夏至の日には世界中から多くの観光客が訪れる。言葉にはならない、どこか神秘的なパワーを感じることができる場所だ。 ロンドンからは約200キロメートルの距離があるが、日帰りバスツアーなども多く組まれており意外とアクセスしやすい。コツウォルズやバースなどの人気の街を合わせて巡るのもお勧めだ。日本語が分かるガイドや、日本語のオーディオガイド付きのコースもあるので英語が苦手な人にも安心。事前に予約して観光を楽しみたい。

Eton College

2

イートン校

英国の名門イートン校

英国のエリート校と言えば、まず名前が挙がるのがイートン校だろう。イートン校の生徒は13歳-18歳の少年であり、学費は年間£24000(約430万円)にも及ぶ全寮制の学校である。 ウィリアム王子やヘンリー王子などの王族子息もイートン校出身。過去に19名もの首相を生み出し数々の著名人の出身校としても有名な、まさに名門中の名門である。また、ゴシック建築の校舎や礼拝堂は見応えがあり、建築的な価値も高い。

Windsor Castle

3

ウィンザー城

現在も使われる最大最古のお城

ウィンザー城は、イングランドの都市ウィンザーにある大きなお城。この城はイギリス王室所有の城であり、現在も女王エリザベス二世が週末に過ごす公邸として有名である。迫力の衛兵交替と、英国ゴシック建築の最高峰セント・ジョージ礼拝堂が見どころで、歴史ある文化と技術を目の当たりにする事ができる。観光客の多く訪れる場所であるため、日本語のガイドマップも配布されている。日本語のオーディオガイドも無料で借りることができる為、説明を聞きながら城内を廻っていくと良いだろう。

スポンサーリンク

Salisbury Cathedral

4

ソールズベリー大聖堂

初期イングランド建築の最高傑作

ソールズベリ大聖堂は、ウィルトシャー州の州都ソールズベリにある聖堂だ。 このソールズベリという街は人口4万人ほどの規模しかもたないが、ガイドブックで有名なロンリープラネット社の「Best in Travel 2015」で世界7位にランクインするほど、観光客にとって満足度の高い土地だといえる。

Harrow School

ハーロウ校

名門中の名門パブリックスクール

ハーロウ校(ハーロウ・スクール)は、ロンドンの北西ハーロウ・オン・ザ・ヒルにある全寮制のパブリックスクールだ。1572年に創設されて以来、イーストン校と並ぶ伝統的なパブリックスクールとしてイギリス国内では知られている。 成績優秀かつ裕福な家庭の子供でないと入学することは難しく、まさに名門と呼ぶに相応しい存在だといえる。