黄金の塔の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

黄金の塔
Torre del Oro

2017/05/05 更新

Torre del Oro

データガイド

アクセス・入場

概要

セビリアの安全を守った要塞の、黄金色に輝く監視塔

Torre del Oro

この12角形の塔は1220年に建てられたものである。当初は外壁にタイルが貼られており、太陽の光が反射して黄金色に見えたことから、黄金の塔と呼ばれるようになった。
最上部、丸屋根の部分に当時の面影を残している。

かつては、この地への川からの侵入者を見張るための要塞の監視塔であった。
堅牢な造りから、一時期は牢獄としても使われ、また、貴金属類の保管庫として使われたこともあったという。

現在は、海の博物館となっている。海や川に関するものや、歴史的な書類、船に関する展示などを見ることができる。

何度か取り壊されそうになった過去があるが、現在は修復され、観光名所として、また、セビリアのランドマーク的存在として静かにたたずんでいる。

どんなセビリア旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でセビリア旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

セビリア旅行者の必読記事


人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク