セビリア市街

詳細検索

この地域でカテゴリーを絞る

名所
エンタメ
ショッピング
グルメ

セビリア市街

39件

Casa De Pilatos

ピラトの家

3つの建築様式が融合した、エキゾチックで美しい宮殿のように豪華な邸宅

街の中心部より北側、カテドラルからは少し離れた場所に「ピラトの家」と呼ばれる場所がある。 通りを挟んで向かい側に、ピラト広場という小さな広場があり、画家フランシスコ・デ・スルバランの像が建っている。 16世紀に建てれられたゴージャスな邸宅は、ゴシック様式、ムデハル様式、ルネッサンス様式を融合した建築様式が特徴で、壁一面に飾られている美しいタイルが素晴らしい。…

マカレナ教会

セビリアで人気。涙を流す豪華絢爛のマリア像

アンダルシア地方、とくにセビリアはマリア信仰の伝統がある。セビリアのマカレナ教会にある「希望の聖母」は、スペインの中でも有名な、非常に人気の高い像マリア像である。 17世紀に起源をもつこのマリア像は、大粒の涙を流していることでも有名。 一般的聖母マリアのイメージとは異なる、豪華絢爛の衣装と冠で飾られたマリア像は必見。

Hospital De La Santa Caridad

救済病院

スペインの貴族が設立した、貧しい人々のための病院

1664年に設立されたこの病院は、飢えに苦しむ多くの貧しい人々を救うために設立された。 セビリアの貴族ミゲル・マニャーラは、若い頃に好き勝手に遊び暮らしたのち改心して、この病院の設立に尽力した。 ドン・ファンのモデルとなったと言われる人物である。

Museo de Bellas Artes de Sevilla

セビリア美術館

歴史ある修道院の美しい建物と、美術品の数々

旧市街、アルフォンソ12世通りからムセオ広場に入ると、目の前に、スペイン第2の規模を誇るセビリア美術館がある。 1612年に建てられたメルセス会のメルセッド修道院を改築し、1835年に美術館としてオープンした。 立派で美しい建物は内部も素晴らしい天井画で彩られ、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと美術品を鑑賞することができる。

Museo Del Baile Flamenco

フラメンコ舞踊博物館

本格的、正統派なフラメンコショーがリーズナブルに楽しめる博物館

カテドラルから徒歩5分ほど、ヌエバ広場の近くの入り組んだ路地の奥に、クリスティーナ・オヨスが2006年に設立したフラメンコ舞踊博物館がある。 18世紀に建てられた建物を改築し、舞台のあるパティオ(中庭)もある。

Parque Maria Luisa

マリア・ルイサ庭園

王宮の庭園であった、美しく整備された市民の憩いの場

かつてサン・テルモ宮殿の庭園であった場所を、スペイン王カルロス4世の王妃であったマリア・ルイサが寄付し、1914年に公園として一般に公開された。セルビア市民の憩いの場である。 アルフォンソ3世運河沿い、レメディオス橋とデリシアス橋の近くにある。 400平方キロメートルに及ぶ広大な敷地には多くの緑があり、池や、サイクリングロードが整備されている。 2人乗りと6…

Cruceros Torre del Oro

遊覧船

ショートクルーズで、癒しのひと時

遊覧船に乗って、アルフォンソ13世運河を辿るショートクルーズが楽しめる。 およそ1時間の船旅で、川風に吹かれながら運河沿いの公園や美しい風景を眺めながら旅の疲れを癒すことができる。 闘牛場や美しい橋、広場の塔や修道院を見ることができる。 スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語など、主要な言語でのガイドもある。

Estadio Benito Villamarín

エスタディオ・ベニート・ビジャマリン

リーガ・エスパニョーラ、レアル・ベティスのホームスタジアム

スペインのプロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグ、プリメーラ・ディビシオンに所属するレアル・ベティス・バロンピエは、1907年創立の歴史あるサッカーチームである。 スペイン王アルフォンソ13世の庇護を受けたことから、チーム名に「レアル(王室の)」が冠された。

エル・アレナル

40年の歴史を持つ、地元の人々に愛されるタブラオ

タブラオとはスペイン語で「板」を意味し、フラメンコを踊る板張りの舞台のあるお店のことを、タブラオと呼ぶ。 フラメンコの本場セビリアに数多くあるタブラオの中でも、必ず名前が上がるが「エル・アレナル」である。 1975年にオープンした歴史ある店では、フラメンコの踊り、音楽、歌など、トップダンサーによる素晴らしいショーを楽しむことができる。常時、多くのプロのダンサ…

Fabrica De Tabacos

旧王立タバコ工場(現セビリア大学)

「カルメン」の舞台にもなった、世界最大のタバコ工場

旧王立タバコ工場は1728年着工、およそ40年の歳月をかけて建てられた、世界最大のタバコ工場である。 1600年頃、セビリア港にはたくさんの貿易船が集まり、タバコを製造する工場がセビリアに数多く建てられた。

1 2 3 4