ロマン派美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ロマン派美術館
Museo Nacional del Romanticismo

2017/05/05 更新

Museo Nacional del Romanticismo

データガイド

アクセス・入場

概要

貴族によって造られた、豪華絢爛な美術館

ロマン派美術館はヴェガ・インクラン公爵によって造られ、未来の美術館の理想の形として、多数の重要な絵画や調度品などのコレクションを展示した美術館である。
作品は当初、現在美術館が位置するサンマテオに、建築家マニュエル・ロドリゲスの指示の元1776年に建設された建物に保管されていたが、1921年に政府に寄贈される。
そして3年後の1924年、創設者であるインクラン公爵の所有していた芸術作品がこの美術館で一般に公開されることとなった。

館内は豪華な内装と装飾品で、まさに貴族の宮殿といった様子。
トイレやダイニングルーム、礼拝堂なども残されており、展示品を鑑賞しながらも当時の貴族の暮らしを垣間見ることが出来る。

当初The Museo Romanticoという名であった現在のロマン派美術館は、2001年に部屋や展示品の整理など大規模な修復作業のため一旦閉館となったが、8年後の2009年にMuseo del Romanticismoというあらたな名前で再オープンされた。

見どころ

ロマン派主義を代表する数々のコレクション

美術館の中に入るとまず目に入るのはレッドカーペットと金色の柵で仕切られた巨大な正面エントランスである。
当時貴族たちがたびたび出入りしていたであろう玄関を抜けると、赤を基調とした室内では当時使われていたとされる豪華な家具や装飾品が当時の貴族の生活を表現している。

ここで展示されている作品の中にはインクラン公爵の所有物だけではなく19世紀前半に活躍した芸術家たちの生前の作品や遺品も数多く含まれている。
たとえば、セラルボ公爵に寄贈されたスペインの画家、レオナルド・アレンザの作品2点や、マリアーノ・ホセ・デ・ラーラなどの著名な作家のかつての所有物だったものも展示されている。
スペインの大画家、フランシスコ・デ・ゴヤやスペインの詩人であったロペ・デ・ベガの肖像画を始め、礼拝堂に飾られているゴヤによる作品の一つ「大聖グレゴリウス」も一見に値するだろう。

どんなマドリード旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でマドリード旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

マドリード旅行者の必読記事

マドリードの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

(Photo by Mario RM)

人気記事

マドリードのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク