バルベリーニ広場の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

バルベリーニ広場
Piazza Barberini

2017/12/12 更新

基本情報

住所

Piazza Barberini, 00187, Roma
メトロA線Barberini駅

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

-

データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ベルニーニだらけの広場

メトロA線バルベリーニ(Barberini)駅で降りると、目の前に広がるのがバルベリーニ広場。この広場は16世紀に創られ、現在は特にベルニーニのふたつの噴水で有名だ。真ん中には1643年ベルニーニ作のトリトーネの噴水、広場の北側には1644年ベルニーニ作の蜂の噴水、ベルニーニという名の老舗5つ星ホテルも広場に面して立っている。

バルベリーニ広場という名前は、広場の南側高台に位置するバロック様式の建物バルベリーニ宮殿に由来している。建設責任者カルロ・マデルノ(死去後は、マデルノの親類ボッローニとバルニーニ)によって、1663年に完成したこのバルベリーニ宮殿は、現在は国立古典美術館となっている。

また、ローマの主要な通りが交差しており、ヴェネト通り、バルベリーニ通り、トリトーネ通り等に通じている。

見どころ

ベルニーニ作の二つの噴水

ど真ん中にあるのがトリトーネの噴水。4頭のイルカに支えられた貝殻の上で半人半魚の海神ポセイドンの息子トリトンがホラ貝を吹いている。1643年にバルベリーニ家出身教皇ウルバヌス8世のために創られたもので貝殻の下にはバルベリーニ家の紋章が掘られている。バロック彫刻の傑作の噴水とも言われている。

バルベリーニ広場の北側のはずれ、ヴェネト通りの南端にあるのが蜂の噴水。これもベルニーニがウルバヌス8世のために作成したものだ。バルベリーニ家の紋章3匹の蜂がデザインされている。蜂は蜜(黄金)を集めることから家の繁栄を意味しており、3匹は3人の跡継ぎを表している。

旅のプロ直伝 バルベリーニ宮観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、豊川萌さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
イタリア担当
豊川 萌
提携パートナー
地元民から「名画の館」と呼ばれる素晴らしいコレクションを揃えるバルベリーニ宮ですが、実はローマの休日で主人公のアン王女と新聞記者のブラッドレーの2人が最後に車で別れる場所にも使われています。映画の中での軌跡を辿りながら鑑賞するのとより一層楽しみも増えますね。

編集部一押しの観光プラン

長蛇の列をカット!優先入場で効率重視のローマ探訪

  • ローマのお勧めツアー

    並ばず入場!ヴァチカン美術館&システィーナ礼拝堂&コロッセオ☆日本語ガイド同行のバスツアー

    コロッセオやカンピドーリオ広場などのローマ必見スポットを日本語ガイドと巡る。驚くべきは効率性で、バチカン美術館にはなんと開館の30分前から優先入場。その他も団体入場や的確な誘導で行列を極力カットして観光できると人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ローマ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    バルベリーニ広場へのアクセス

    Piazza Barberini, 00187, Roma
    メトロA線Barberini駅

    プラン相談

    どんなローマ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でローマ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
    海外での防犯対策グッズ