国立サン・マルティーノ美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

国立サン・マルティーノ美術館
Museo Nazionale di San Martino

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Tito Angelini, 22 80129 Napoli 
ナポリ中央駅からケーブルカーでMontesanto駅まで行き、そこから徒歩。所要時間約30分。

料金

大人は€6.00

営業時間

8:30-19:30

休業日

水曜、祝日

HP

Museo Nazionale di San Martino
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

高台に建つ、貴重な美術品の宝庫

Museo Nazionale di San Martino

サンテルモ城と隣り合うようにして建っているサン・マルティーノ美術館は、元々修道院として使われていた大変由緒ある建物である。
1325年にアンジュー家のロベール王の息子、カルロが命じて建設させたというこの美術館は、ナポリの絵画、陶器、そしてプレゼービオなど様々な美術品が収蔵されている。

白を基調とした豪華な建物の外観は、それ自体も芸術品の趣があり、壁や柱の細かな造形は美術館に入る前から私たちを楽しませてくれる。
収蔵されている作品で最も有名なものは、プレゼービオ職人・クチニエッロによる作品の数々である。
ナポリはプレゼービオが数多くつくられた場所でもあり、精巧で緻密な作品群はキリストへの帰依を存分に感じさせるものとなっている。

見どころ

ナポリの街並みを独り占めに出来る場所

Museo Nazionale di San Martino

収蔵されている作品の評判もさることながら、この美術館は外のテラスからの眺めがすばらしいことでも知られている。
テラスは高台にあり、ナポリの美しい街並みを一望することが出来るのだ。
テラスからはナポリの市街地はもとより、港湾や地中海の大海原、そして遠くには晴れていればベスビオ山まで望むことが可能である。
晴れた午後には、青空と海、そして街並みの鮮やかなコントラストが印象的だ。
収蔵されている作品以上に芸術的な街並みは、見る者の心を静かに揺さぶることであろう。

このテラスから見る夜景はまた格別であり、光の中で浮かび上がる港湾のシルエットはまさに「ナポリを見て死ね」という言葉通りの美しさだ。
高台で幻想的な光景に酔う瞬間は、まさに非日常的だと言えるだろう。

編集部一押しの観光プラン

青の洞窟が見たいならこれ!カプリ島を満喫する1日

  • ナポリのお勧めツアー

    定番スポット青の洞窟へ!カプリ島日帰り観光ツアー

    神秘的な青の洞窟を観賞する、カプリ島日帰り観光プラン。日本語ガイド同行でナポリ島からのアクセスもスムーズ。定番スポット散策や見晴らしの良いレストランでの地方料理のランチなど、混雑必至のカプリ島も安心して楽しめる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ナポリ旅行者の必読記事

    (Photo by Fiore Silvestro Barbato Fiore Silvestro Barbato)

    アクセス・入場

    国立サン・マルティーノ美術館へのアクセス


    Via Tito Angelini, 22 80129 Napoli 
    ナポリ中央駅からケーブルカーでMontesanto駅まで行き、そこから徒歩。所要時間約30分。

    プラン相談

    どんなナポリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でナポリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド