メディチ リッカルディ宮 (マージ礼拝堂)の観光情報

メディチ リッカルディ宮 (マージ礼拝堂)
Palazzo Medici Riccardi

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Via Camillo Cavour, 1, 50129 Firenze, Italy

S.M.N駅(フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から徒歩15分
メディチ家礼拝堂、ドゥオモから徒歩6分

料金

一般は€7
割引料金は€4
(6-12歳、学生・学生証が必要、15人以上の団体)

フィレンツェ・カードが使える

営業時間

9:00-19:00
(入場は閉館30分前まで)

休業日

水曜

HP

Palazzo Medici Riccardi
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

メディチ家の栄光の歴史を今に伝える、メディチ リッカルディ宮 (マージ礼拝堂)

Palazzo Medici Riccardi

14世紀に始まるルネッサンス時代に一大勢力を誇り、フィレンツェを支配したメディチ家が、100年に渡って暮らした豪邸。
コジモ・ディ・メディチが、ロレンツォ・ギベルティの弟子であったミケロッツォ・ディ・バルトロメオに建築を依頼して作らせた。
市民の批判を避けるためにあえて地味な外観にしたと言われる。

柱とアーチが並ぶ中庭はとても優雅で美しく、建物の内部は豪華な装飾が見事。
リッカルディ家により改装されているが、メディチ家が暮らした当時の美しい装飾も残されている。
鏡の間と呼ばれる場所は、部屋中が美しい鏡と華やかな装飾、絵画で彩られている。
ルカ・ジョルダーノによる天井画が見事。フィリッポ・リッピの聖母子像も必見。

メディチ家フィレンツェ追放の後、銀行家ガブリエッロ・リッカルディが購入したことからメディチ・リッカルディ宮と呼ばれるようになった。

現在は県庁のオフィスとなっており、美術館部分が観覧可能となっている。

見どころ

礼拝所の壁を埋め尽くす、色彩豊かな美しいフレスコ画

Palazzo Medici Riccardi

2階にあるのが、「マージ礼拝堂」と呼ばれる場所である。
フィレンツェ出身の画家ベノッツォ・ゴッツォリが壁一面に描いたフレスコ画が有名。
ベノッツォ独特の、力強く、色彩豊かで生き生きとした楽しげな表現が魅力。

新約聖書に書かれている、イエスが誕生したときに3人の学者がやって来たというエピソードを描いたもので、東方の三賢者、三王、三博士。
または、マギ、マージとも呼ばれる。中心に描かれている、白い馬に乗った男性がルネッサンス時代のフィレンツェを支配したロレンツォ・デ・メディチ、別名ロレンツォ・イル・マニーフィコである。

メディチ・リッカルディ宮の中でも、一番の見どころである。

編集部一押しの観光プラン

アクセスし辛いピサの斜塔へ一直線!斜塔への入場も可能

  • フィレンツェのお勧めツアー

    ピサの斜塔 日本語ガイドツアー<斜塔入場プランあり/フィレンツェ発>

    イタリアに来たからにはピサの斜塔の傾き具合をこの目で確かめたいもの。このプランはフィレンツェ出発で、個人ではアクセスしづらいピサもベテラン日本語と楽々満喫できる。斜塔に登るか外から眺めるかも選択可能だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • フィレンツェ旅行者の必読記事

    (Photo by MCAD Library Richard, enjoy my life!)

    アクセス・入場

    メディチ リッカルディ宮 (マージ礼拝堂)へのアクセス


    Via Camillo Cavour, 1, 50129 Firenze, Italy

    S.M.N駅(フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から徒歩15分
    メディチ家礼拝堂ドゥオモから徒歩6分

    プラン相談

    どんなフィレンツェ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でイタリア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィレンツェのホテル
    海外での防犯対策グッズ