中世邸宅博物館(ダヴァンツァーティ宮)の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

中世邸宅博物館(ダヴァンツァーティ宮)
Palazzo Davanzati

2017/05/05 更新

Palazzo Davanzati

データガイド

アクセス・入場

概要

中世の暮らしを今に伝える、貴重な邸宅博物館

Palazzo Davanzati

1300年代半ばに建てられた建物には、260年に渡ってダヴァンツアーティ家が暮らしていた。
当主が自殺してダヴァンツアーティ家が途絶えた後、この家を買い取った古物商により、一家の貴重な家具は全て売り払われてしまった。
後に国が家を買い取り、調度品を揃えて中世の生活様式を再現、1956年に博物館としてオープンした。

オウムの絵で壁が埋め尽くされた、2階のオウムの間(Sala Die Pappagalli)や、寝室でもあるクジャクの間(Camera Di Pavoni)などが有名。
当時の落書きがそのまま残る3階の部屋や、広々とした寝室を飾るフレスコ画、当時のバスルームやトイレや、キッチンなどの水回りも見ることができる。

3階から上は一般には公開されておらず、ガイド付きのツアーを申し込むと見ることができる。

どんなフィレンツェ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でイタリア旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

フィレンツェ旅行者の必読記事

(Photo by Haydn Blackey)

人気記事

フィレンツェのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク