ミヒャエル・エンデ博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ミヒャエル・エンデ博物館
Michael Ende Museum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Schloss Blutenburg 81247 München

Sバーン3号、4号、6号、8号線パーシング駅から路線バス56番で10分
ブルーテンブルク城で下車し、徒歩5分

料金

€1

営業時間

14:00-17:00

休業日

月曜、火曜

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

日本とも関わりの深いドイツ児童作家エンデを知る博物館

ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデは、日本人の女性と結婚していたり、日本の黒姫童話館でもエンデの世界が取り上げられるほど、日本との関わりが深いドイツ児童作家である。
代表作は「はてしない物語(日本語名)」、「モモ」など。

エンデの博物館は、ブルーテンブルク城の建物内にあり、彼が生前愛用していたものなどが展示されている。
エンデの代表作「モモ」の草稿、自筆の手紙、彼の約3000冊の蔵書、生前使用していた家具や愛用の杖などを見ることができる。
コレクションの中には、彼が熱中していたコンピューターゲームや、タロットカードなど、ミヒャエル・エンデという人物を深く知ることができる展示もされている。

世界各国で出版された貴重な初版本もあり、エンデの世界を存分に楽しむことができる博物館である。

編集部一押しの観光プラン

ノイシュバンシュタイン城にスムーズにアクセス

ミュンヘン旅行者の必読記事

アクセス・入場

ミヒャエル・エンデ博物館へのアクセス

Schloss Blutenburg 81247 München

Sバーン3号、4号、6号、8号線パーシング駅から路線バス56番で10分
ブルーテンブルク城駅で下車し、徒歩5分

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集