ガスタイク文化センターの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ガスタイク文化センター
Gasteig

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Rosenheimer Strasse 5, 81667 Munich

Sバーン1-4号、6-8号線 ローゼンハイマー広場(Rosenheimer Platz)駅から徒歩約5分

料金

公演や講座によって異なる

営業時間

8:00-23:00

休業日

プログラムによる

HP

http://www.gasteig.de/
ドイツ語、英語

Gasteig
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ミュンヘンの文化の中心

Gasteig

ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られているガスタイク文化センター。
ミュンヘン音楽・演劇大学と市民大学、市立図書館も含む文化の総合施設である。
1985年に設立されて以来、1日に6000人の訪問者を迎えている。
施設内には飲食店もあり、1日過ごすことができる。

フィルハーモニーホールはブドウ畑型と呼ばれる、舞台を中心に客席が徐々に高く広くなっていく構造。
その他にもホールやセミナールームなどが多くあり、市民が気軽に利用できる公開講座を提供している。

市立図書館の蔵書数は20万にのぼる。
それ以外に、特に音楽に関する楽譜や音源の資料が充実しており、そのコレクションは国内最多と言われる。

見どころ

ここでしか見られないフィルハーモニー

ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団の定期公演は、ガスタイクで最も人気のあるプログラムである。
フィルハーモニーは世界中を飛び回って公演を行っており、機会があれば日本でも楽しむことができる。
ガスタイクを訪れた際にタイミングが合えば参加したいのが公開通し稽古(Öffentliche Generalprobe)だ。
本番と同じ曲目を聞けるうえ、指揮者が指示を飛ばしたり、オーケストラが舞台衣装を着ていなかったりと、本番とは異なる表情を見ることができるのが魅力だ。
チケットは€10で、電話またはガスタイク内のチケット窓口で買うことができる。

編集部一押しの観光プラン

ノイシュバンシュタイン城にスムーズにアクセス

  • ミュンヘンのお勧めツアー

    ノイシュバンシュタイン城&世界遺産ヴィース教会日帰り観光ツアー

    個人でのアクセスが不便なノイシュバンシュタイン城と、世界遺産ヴィース教会を1日で巡る効率的な日帰りプラン。料金はチケット代込みでスムーズに入城でき、散策時間がたっぷりあるのも嬉しい。日本語ガイドもわかりやすいと評判だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ガスタイク文化センターへのアクセス

    Rosenheimer Strasse 5, 81667 Munich

    Sバーン1-4号、6-8号線 ローゼンハイマー広場(Rosenheimer Platz)駅から徒歩約5分

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ