ババリア・フィルムシュタットの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ババリア・フィルムシュタット
Bavaria Filmstadt

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Bavariafilmplatz 7 82031 Grünwald

Sバーン1号-8号線 Rosenheimer Platz駅で下車し、Grünwald方面行きの25番の市電に乗り換えてBavariafilmplatz駅下車

料金

・ガイドと4Dモーションなし
大人、学生は€13
6歳-17歳は€11

・ガイドと4Dモーションつき
大人、学生は€27.5
6歳-17歳は€21.5

営業時間

4月上旬-11月上旬は9:00-18:00
11月中旬-3月下旬は10:00-17:00

休業日

12/24、12/25

HP

http://www.filmstadt.de/
ドイツ語、英語、フランス語

Bavaria Filmstadt
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ドイツ・ミュンヘンの映画の都

Bavaria Filmstadt

ヨーロッパでも最大規模の映画スタジオがある「ババリア・フィルムシュタット」。
ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデ作-はてしない物語が原作の、「ネバーエンディングストーリー」や「Uボート」、昔のSF映画のセットなどの撮影所を見学することができる。
見るだけでなくファルコンに乗って撮影したり、観客が参加して短編映画を作ったりと、体験型の楽しみもあるので旅行者の人気が高いスポットである。

他にも人気があるのが、「フィルムエクスプレス」というミニ列車に乗って、撮影所を回るツアー。
英語やドイツ語解説が付いており、ゆられながら解説を楽しむことができる。

家族連れで訪れても楽しめるスポットになっている。

見どころ

ファルコンに乗って特撮効果を体験

Bavaria Filmstadt

日本人にもよく知られている「ネバーエンディングストーリー」。
ババリア・フィルムシュタットで大人にも子どもにも人気なのが、実際にファルコンに乗っての特撮撮影体験だ。
実際に、迫力のあるファルコンのセットに乗って、空を飛ぶ様子を撮影してもらえる。
飛んでる瞬間はモニターに映されていて、映画さながらにファルコンに乗って空を飛んでいるように映される。
そんな夢あふれる演出は、特に家族連れにお勧めだ。

ネバーエンディングストーリーのセットを見て、ミヒャエル・エンデの世界に惹き込まれた後は、ぜひ立ち寄って夢を見てほしいおススメスポットである。

編集部一押しの観光プラン

ノイシュバンシュタイン城にスムーズにアクセス

  • ミュンヘンのお勧めツアー

    ノイシュバンシュタイン城&世界遺産ヴィース教会日帰り観光ツアー

    個人でのアクセスが不便なノイシュバンシュタイン城と、世界遺産ヴィース教会を1日で巡る効率的な日帰りプラン。料金はチケット代込みでスムーズに入城でき、散策時間がたっぷりあるのも嬉しい。日本語ガイドもわかりやすいと評判だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミュンヘン旅行者の必読記事

    (Photo by Eric C. Späte Eric C. Späte Eric C. Späte)

    アクセス・入場

    ババリア・フィルムシュタットへのアクセス

    Bavariafilmplatz 7 82031 Grünwald
    Sバーン1号-8号線 Rosenheimer Platz駅で下車し、Grünwald方面行きの25番の市電に乗り換えてBavariafilmplatz駅下車

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ