ダッハウ強制収容所の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ダッハウ強制収容所
Konzentrationslager Dachau

2018/03/15 更新

基本情報

住所

Alte Römerstraße 75 85221 Dachau

中央駅(地下ホーム)からSバーン2号線(Petershausen方面行き)でDachau駅下車。
Dachau駅前から726番のバスでKZ-Gedenkstätte駅で下車。

料金

無料

営業時間

9:00-17:00

休業日

12/24

HP

https://www.kz-gedenkstaette-dachau.de/
ドイツ語、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ヘブライ語

Konzentrationslager Dachau
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Konzentrationslager Dachau

「ダッハウ強制収容所」は、後に建設される数々の収容所のモデルとなった象徴的な強制収容所だ。

収容所跡地には、人類が犯した過ちをいつまでも忘れないために博物館が建てられている。館内では、「働けば自由になる」というメッセージが書かれた鉄の門、復元された収容棟、焼却炉、ガス室、ナチスの行為について説明された映画や人間の体で表現されたモニュメントなどを見ることができる。どの展示物も当時の悲惨な行為を、現代の人々の心に刻み込むものとなっている。

歴史

ダッハウ強制収容所は、第二次世界大戦直前の1933年に建設。開戦前には、政治犯などのわずかな人しか収容されていなかったが、開戦後、1945年の解放の時まで、ユダヤ人、聖職者、ポーランドやドイツの政治犯などを膨大な人数収容し、殺害していった。命を奪われた人は約3万人を超えると言われている。

現在では、人類の負の遺産を後世に伝える貴重な場所として活躍しており、世界中の人々の平和学習の場としても用いられている。

チェック

①鉄の門

Konzentrationslager Dachau

ダッハウ強制収容所に到着するとすぐ、多くの観光客の目を引くのが「働けば自由になる」と書かれた鉄の門だ。現実は、残酷な収容所であったダッハウで、囚人は多くの苦痛を味わうことになった。ダッハウ強制収容所は、後に建設される他の収容所のモデルとなったため、アウシュビッツなどの他の収容所にも同じメッセージが掲げられている。

収容所内のナチが行なった行為の説明の展示や、映画、米軍に開放された当時の映像などを見学した後に見る鉄門のメッセージは、深い意味を帯びることになるであろう。

②遺体焼却炉

Konzentrationslager Dachau

復元されたバラック地帯から小さな橋を渡ると見えてくるのが、ガス室と焼却炉だ。

ダッハウ強制収容所には焼却場が二ヶ所あり、古い焼却炉は1940年-1943年ごろまで使用され、約11000人が火葬された。その後死者が増えたので、別の場所に大きな火葬場が建設された。

古い焼却炉の近くには、火葬場の見取り図と、死者の写真が載せられた看板が設置されている。目を覆いたくなるような写真も掲載されているので、覚悟を持ってから伺うのが良いだろう。

火葬場は中に入ることができ、当時の悲惨さを感じることが出来る。どちらの焼却炉でも、人間がシステム的に人間を殺害していたことが伝わってくる。悲惨なことが行なわれた現場として、平和を考えさせられる場所である。

③木製ベッド

Konzentrationslager Dachau

復元された収容棟の中には、当時の囚人たちが夜を過ごした木製ベッドも復元されている。細かく区画分けされて並ぶ質素な木枠のベッドは、人が寝るスペースとは思えない狭さだ。収容棟1棟の定員は250人とされていたが、驚くべきことに、当時は最高1600人ほども詰め込まれていた時期もあった。当時の写真もあり、どのように使用されていたか、よく分かるようにされている。近くには、当時使われていたトイレも見ることができる。

ダッハウに収容されていた人たちが、劣悪な環境で生活していたことがよく分かる展示である。

編集部一押しの観光プラン

狂気の残る収容所跡をガイド付きで見学

  • ダッハウ収容所をガイド付きで巡る

    ダッハウ強制収容所跡見学 ウォーキングツアー

    ミュンヘン郊外にあるダッハウ強制収容所の跡地を見学できるプラン。収容房、ガス室など当時の狂気が生々しく残る遺構は見応えがある。英語ガイドによる詳しい説明と、資料を豊富に取り揃えた博物館は平和について深く考えさせられる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のダッハウ強制収容所現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 ダッハウ強制収容所観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、川畑志織さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    ドイツ担当
    川畑 志織
    提携パートナー
    歴史の事実から目をそむけず、忘れない様に見つめるための施設。礼節をもって観光するよう、心がけたいところです。

    またドイツでは、ナチス礼賛は処罰の対象になります。2017年8月には、ベルリンにあるドイツの国会議事堂前でナチス式敬礼(まっすぐに伸ばした手を斜めに上げるポーズ)をした外国人旅行者が、警察に逮捕されるという事案もありました。知らなかった、では済まされないため、くれぐれもお気を付けください。

    ミュンヘン旅行者の必読記事

    30%以上SALE情報のまとめ

    磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘
    飛行機 【約30%お得】福島県磐梯熱海温泉の最高級宿が、今だけポイントバック!ゆったりとした部屋風呂付きの完全プライベート離れを2万1千円- キャンペーン期間: 5月18日 〜 10月31日
    ホテル浜比嘉島リゾートのテラス
    ホテル 【約30%お得】楽天トラベルにて、沖縄のリゾートホテル「ホテル浜比嘉島リゾート」が、実質大人一名6,300円~ キャンペーン期間: 3月16日 〜 9月30日
    アルモニーサンクホテルの画像
    ホテル 【約30%お得】福岡県小倉の高評価ホテルが今だけ高ポイント還元。実質大人一名4,600円~ キャンペーン期間: 12月21日 〜 9月30日

    アクセス・入場

    ダッハウ強制収容所へのアクセス

    Alte Römerstraße 75 85221 Dachau

    ミュンヘン市の中央から約15キロ離れたところにある、ダッハウ強制収容所。
    ミュンヘン中央駅からSバーンでDachau駅まで行った後、バスに乗り換えてKZ-Gedenkstätteで下車して行くのがスムーズ。
    乗り換えがあるので不安な方もいるかもしれないが、観光客のために分かりやすい表示もされているので、矢印と英語が分かれば自分でも十分行ける。
    マリエン広場出発のガイド付き半日ツアーも便利なので、検討すると良いだろう。

    個人で訪れる場合

    ミュンヘン中央駅からSバーン2号線-ダッハウ(Dachau)駅下車-駅前からバス726番でKZ-Gedenkstätte駅下車
    ・時間は乗車時間約25分、バスで約20分
    ・予算は大人片道€5.20(ゾーン2)

    ツアーで訪れる場合

    ガイド付きダッハウ強制収容所ウォーキングツアー
    ・時間はマリエン広場10:15集合、14:45解散など
    ・予算は大人€24(ガイド、入場料、乗車券付き)

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ