ウィーンのミュージアム・美術館人気ランキング

詳細検索

ミュージアム

25件

Museum Dorotheergasse, Museum Judenplatz

ユダヤ博物館とユダヤ人広場博物館

ユダヤ文化とウィーンのつながりを知る博物館

ウィーンはユダヤ文化と関わりの深い都市だ。 19世紀のウィーンはユダヤ人の迫害が行われていた東欧圏の中にありながら、比較的ユダヤ人に寛大だったため、この時期に多くのユダヤ人がウィーンに移住した。

Pasqualatihaus

パスクァラティハウス

ベートーヴェンが住んだアパートを改築した博物館

パスクァラティハウスは、ベートーヴェンが住んでいた家を改築した博物館だ。 ウィーン大学のほぼ向かいに位置する。 ベートーヴェンは生涯にわたり、頻繁に引越しを繰り返したことでも知られる。 そのため、この建物も、そう長く住んでいたわけではないようだ。実に80回ちかくも引越しをしていたというのだから驚かされる。

Austrian Museum of Applied Arts

オーストリア応用美術博物館(MAK)

日常に密着するデザイン製品の博物館

オーストリア応用美術博物館は、「MAK」と略され、ウィーン市民から親しまれている博物館だ。 ウィーン・リンク沿い、ウィーン市場の隣に位置する。

Sigmund Freud Museum

フロイト博物館

生死分析の父、フロイトの生涯を追う博物館

ジークムント・フロイト博物館は、ウィーン・リンクの内側、ドナウ運河にほど近い小路の中にある。 もともと、この建物は、フロイトが住居兼診療所として使っていたものだ。 フロイトは、この建物の新築時に居住を開始し、その後実に47年間もの間、このウィーン市内で診療を続けていた。

Egon Schiele Museum

エゴン・シーレ博物館

夭逝の世紀末画家、エゴン・シーレの博物館

エゴン・シーレ博物館は、ウィーンから電車で40分ほど離れたドナウ川沿い、トゥルンという街にある。 トゥルンはエゴン・シーレが幼少期を過ごした思い出の地だ。 エゴン・シーレの父親は駅長で、このトゥルンの街に彼は10年ほど住んでいたという。

1 2 3