国立台湾博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

国立台湾博物館 (コクリツタイワンハクブツカン)
國立臺灣博物館 (クオリータイワンボーウークワン)

2017/05/15 更新

基本情報

住所

台北市中正区襄陽路2号

メトロ淡水線の台大醫院駅4番出口から徒歩2分

料金

一般は30元
学生、12歳以下の児童は15元
65歳以上はパスポート提示で平日無料、土日祝日半額

営業時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)

休業日

月曜、一部祝日

HP

http://www3.ntm.gov.tw/jp/About_5_1.htm
日本語、英語、中国語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴

「国立台湾博物館」は二二八和平公園内にあるギリシャ様式の華麗な博物館。天蓋のステンドグラスが有名である。1908年の南北縦断鉄道の開通を記念し、「児玉総督および後藤民政長官記念博物館」という名称で日本政府により台湾初の博物館として作られた。

見どころ

建物外観はドーリア式の屋根とイタリア製の大理石で造られている。一見質素に見えるが、中はルネサンス様式のように華やかな装飾がされている。特に、台湾の植物がデザインに使われているのに注目したい。

ロビーには児玉源太郎と後藤新平の銅像がある。また、ステンドグラスには両氏の家紋の軍配団扇と藤を組み合わせたデザインが見られる。展示は台湾の歴史と自然をメインに構成され、先住民、地質、植物、動物等について学べる。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】2日目は自由行動か観光ツアーを選択可の台北満喫ツアー

台北旅行者の必読記事

(Photo by Taiwan Junior )

アクセス・入場

国立台湾博物館へのアクセス


メトロ淡水線の台大醫院駅4番出口から徒歩2分。

人気記事

台北のホテル
【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集