スンゲイ・ブロウ自然公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

スンゲイ・ブロウ自然公園
Sungei Buloh Wetland Reserve

2017/05/05 更新

基本情報

住所

301 Neo Tiew Crescent

MRT NS線Kranji(クランジ)駅からSMRTバス925番に乗車し、Kranji Reserver Carpark(クランジ・リザーバー・カーパーク)停留所から徒歩15分

料金

無料

営業時間

月曜-土曜は7:30-19:00
日曜、祝日は7:00-19:00

休業日

年中無休

HP

Sungei Buloh Wetland Reserve
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Sungei Buloh Wetland Reserve

スンゲイ・ブロウ自然公園は、およそ87ヘクタールに及ぶ自然豊かな湿地帯で、広大な鳥の楽園である。多種多様な動物、鳥、植物を観察できる。シンガポール最北部にあるマングローブ林を中心として、指定湿地帯自然保護区となっている。

見どころ

バードウォッチングのための観察小屋や、覗き窓つきの壁が至る所に設置され、撮影やスケッチがしやすい。渡り鳥の営巣地でもあるが、観察できる季節は10月-4月となっている。3つのウォーキングルートが設定されており、ルート1は3km、ルート2は5km、ルート3は7kmの長さ。散策中には野生のオオトカゲ、リス、猿と出会える。

編集部一押しの観光プラン

日本語トラム優先乗車のありがたさが現地で身に沁みる

シンガポール旅行者の必読記事

(Photo by Jimmy Tan Jimmy Tan)

アクセス・入場

スンゲイ・ブロウ自然公園へのアクセス

メトロとバス

MRT NS線Kranji(クランジ)駅からSMRTバス925番に乗車し、Kranji Reserver Carpark(クランジ・リザーバー・カーパーク)停留所から徒歩15分。

タクシー

市内中心部からタクシーで約30分。バスは土曜と日曜のみで不便な為タクシーがお勧め。

プラン相談

どんなシンガポール旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「5万以内でシンガポール旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

singapore
海外での防犯対策グッズ