スンゲイ・ブロウ自然公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

スンゲイ・ブロウ自然公園
Sungei Buloh Wetland Reserve

2017/05/05 更新

基本情報

住所

301 Neo Tiew Crescent

MRT NS線Kranji(クランジ)駅からSMRTバス925番に乗車し、Kranji Reserver Carpark(クランジ・リザーバー・カーパーク)停留所から徒歩15分

料金

無料

営業時間

月曜-土曜は7:30-19:00
日曜、祝日は7:00-19:00

休業日

年中無休

HP

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

特徴


スンゲイ・ブロウ自然公園は、およそ87ヘクタールに及ぶ自然豊かな湿地帯で、広大な鳥の楽園である。多種多様な動物、鳥、植物を観察できる。シンガポール最北部にあるマングローブ林を中心として、指定湿地帯自然保護区となっている。

見どころ

バードウォッチングのための観察小屋や、覗き窓つきの壁が至る所に設置され、撮影やスケッチがしやすい。渡り鳥の営巣地でもあるが、観察できる季節は10月-4月となっている。3つのウォーキングルートが設定されており、ルート1は3km、ルート2は5km、ルート3は7kmの長さ。散策中には野生のオオトカゲ、リス、猿と出会える。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】お手頃価格でシンガポール満喫2泊4日ツアー

シンガポール旅行者の必読記事

(Photo by Jimmy Tan Jimmy Tan)
アクセス・入場

スンゲイ・ブロウ自然公園へのアクセス

メトロとバス

MRT NS線Kranji(クランジ)駅からSMRTバス925番に乗車し、Kranji Reserver Carpark(クランジ・リザーバー・カーパーク)停留所から徒歩15分。

タクシー

市内中心部からタクシーで約30分。バスは土曜と日曜のみで不便な為タクシーがお勧め。

人気記事

WiFiを現地で使用して徹底比較!
【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
singapore
【シンガポールのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選