チャイナタウン

特集

singapore

シンガポールの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

マレーシア半島の南に位置するシンガポールは、東南アジアの交通、金融及び貿易の中心と言える国だ。 国民は、中国系77%、マレー系14%、インド系8%、その他1%で成り立っており、公用語も多様である。 また、治安が良く、短期間で多くの観光スポットを見ることができるため、訪れる人も多い。 この記事では、シンガポールを一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Singapore food

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

singapore

シンガポールのお勧め定番観光スポット10選

初めてシンガポールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Singapore plan

シンガポール旅行6泊7日の予算とモデルプラン

シンガポール旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シンガポールのシンボルであるマーライオン・パーク。マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園があるサンズ・スカイパーク。シンガポールが一望できる観覧車「シンガポール・フライヤー」など有名観光スポットを初め、ナイトサファリや動物園など、自然や生き物にも触れあえる魅力満載の国である。またグルメも、チキンライスやチリクラブなどのローカルフードが堪能できるのも魅力の一つである。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

チャイナタウン周辺

11件

Sri Mariamman Temple

1

スリ・マリアマン寺院

ヒンドゥー教とともに歩んだシンガポールを知る

スリ・マリアマン寺院の歴史は、シンガポールに初めて東インド会社が貿易のために行き来するようになった時代にまで遡る、シンガポールでは最古のヒンドゥー寺院である。

Red dot design Museum

2

レッド・ドット・デザイン・ミュージアム

レッド・ドット・デザイン・アワード受賞作が見られる博物館

シティギャラりーのすぐ近くにある、赤一色の目立つ建物が「レッド・ドット・デザイン・ミュージアム」である。 世界的に知られている、「レッド・ドット・デザイン・アワード」の受賞作品が展示されている博物館だ。 外装だけでなく、内装のフローリングやポストまで赤で統一されている。

Thian Hock Keng Temple

3

シアン・ホッケン寺院

シンガポールにある中国の寺院

チャイナタウンから少し外れた、テロック・アイヤー・ストリートにある、航海の神様の道教の寺院。 1841年に中国からの移民たちが航海の無事を祈り建立した。国の重要文化財に指定されている。シンガポールにある寺院の中でも最古の寺院で、地元の熱心な信者がとても長い線香をあげ、祈りをささげる姿が絶えない。 線香の香りも色も日本のそれとは異なり、独特の雰囲気を味わえる。

スポンサーリンク

Chinatown Heritage Centre

4

チャイナタウン・ヘリテージ・センター

チャイナタウンの知られざる歴史を知る

多くの華僑が活躍するシンガポール。その歴史を今に伝える文化博物館が「チャイナタウン・ヘリテージ・センター」だ。 中国から移住した人々が実際に暮らした住居を改造しており、当時の生活をリアルに再現された部屋に一歩入るとまるでタイムスリップしたかのような気分になる。

Buddha Tooth Relic Temple and Museum

新加坡佛牙寺龍牙院

王朝様式の寺院で歴史をたどる

この寺院は、仏陀の歯を収める目的で2007年に作られた。 チャイナタウンにあり、朱塗りと金色の輝きで目を引く、日本の寺院とは異なる豪華な様式の寺院である。 祭壇の花やろうそくなども華やかな色彩のものが供えられており、シンガポールでの仏教信仰を学ぶよい機会になるだろう。

Al-Abrar Mosque

アル・アブラ―・モスク、ナゴール・ダルガー寺院

かわいらしいモスクと色が綺麗なイスラム寺院

人通りの少ない場所に位置し、モスクらしくない地味さと、とても小さな外観から見落としてしまいそうだが、地元労働者には人気のモスクである。 特に金曜日は祈りに来たり、ランチをしたりで人がごったがえしている。

Ristorante Amarone

リストランテ・アマローン

キャピタルタワー1階で、高級イタリアンを昼はカジュアルに、夜はラグジュアリーに

シンガポール中心部のオフィス街に鎮座するキャピタルタワー。 シンガポール経済のシンボル的存在とも言えるタワーの1階に「Ristorante Amarone」はある。 地元のビジネスマンや海外からの観光客、更には地元のセレブ達にも愛されるこのレストランは、昼間は驚くほどカジュアルに料理を楽しむことが出来るようになっている。

スポンサーリンク

シンガポールteppan-kaiseki-satsuki料理

鉄板懐石さつき

高級感溢れる日本料亭

鉄板懐石さつきは黒を基調とした店内に圧倒的な存在感を放つ白木のカウンターがあり、いつ来ても飽きないシンプルかつモダンな非日常の空間で、串焼きをメインに季節の皿をあわせたコース料理を楽しむ出来る。食材は旬の食材を日本から仕入れ、日本人シェフが心を込め丁寧に仕込み提供する。2部屋の個室を完備しており、各種記念日やデート、大人の隠れ家としても利用出来る。日本人シェフ、日本人マネージャーが常勤しており、日本語で対応可能で、常に日本の空気を感じることが出来る。

イーシー・スアン・ティーハウスのお茶1

イーシー・スアン・ティーハウス

中国茶でホッと一息!シンガポールでは珍しい茶藝館

シンガポールの南部に店を構える「イーシー・スアン・ティーハウス(宜興玄茶屋)」は、シンガポールでは珍しい茶藝館。茶藝館とは、中国茶を堪能できるいわば日本の喫茶店みたいなもので、台湾に数多くあり、昔から人々に親しまれてきた。 そんな「イーシー・スアン・ティーハウス(宜興玄茶屋)」では、いろいろな種類の中国茶を楽しむことができる。中国茶は、日本のお茶と比べるとやや苦みが強いが体に優しく、様々な治癒効果があるので、飲んだことのない人は是非試してほしい。 また、ワークショップも開催されており、中国文化や芸術からお茶の歴史や作り方、そしてお茶と健康の関係などを深く学ぶことができる。お土産にもぴったりなので、興味がある人もない人も一度足を運んでみてはいかがだろうか。

no-image

チャイナタウン・コンプレックス

チャイナタウンにある大きいホーカーズ

落ち着いて食事をする雰囲気ではない。有名な店も何件かあり、朝から列が出来ているところもある。ほとんどは地元の人なので活気に満ち溢れている。