マニラ・ゴールデン・モスクの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マニラ・ゴールデン・モスク
Moskeng Ginto (モセクジント)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Globo de Oro Street, Quiapo, Manira City

LRT1号線カリエド(Carriedo)駅から徒歩10分

料金

無料

営業時間

夜明け-21:00

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

マニラに根付くイスラム教を体験する

マニラゴールデンモスクは、マニラにある3000人収容可能なフィリピン最大のモスクの一つである。
名前の通り、金色に塗られた屋根が特徴的で、この周辺には多くのイスラム教徒が住んでいるとされる。
現在のフィリピンを見れば、キリスト教というイメージがあるが、それはスペインの占領時代の影響である。
スペイン占領の前は、イスラム教が根付いており、元々はイスラム文化圏であった。
現在イスラム教徒は、国民の5%だと言われているが、一部イスラム教の強い地域では、約20%の人口がイスラム教であるということもわかっている。
このマニラゴールデンモスクは、観光地としても人気が根強いが、イスラム教を信仰する人々にも日常の生活に根付いたものである。
訪問する際は、お祈りの邪魔にならないように注意したい。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

マニラ旅行者の必読記事

(Photo by Nishat Khan)

アクセス・入場

マニラ・ゴールデン・モスクへのアクセス

Globo de Oro Street, Quiapo, Manira City

LRT1号線カリエド(Carriedo)駅から徒歩10分

人気記事

マニラのホテルの夜景
【マニラのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集