カテドラル(大堂)の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カテドラル(大堂)
主教座堂 (イグレジャ・ダ・セ)

2017/05/05 更新

Igreja da Sé

データガイド

アクセス・入場

概要

400年の歴史をほこる、マカオカトリック教会の中心的存在

Igreja da Sé

マカオの中心部に建つカテドラル(大堂)は、はじめは1576年頃に建てられた木製の小さなチャペルであった。
1622年に、アジア諸地域の主教管区となり大聖堂に昇格、イエスのである聖ラザロに捧げる教会として、土と藁を使ったレンガ造りの建物が作られた。
以来、マカオのカトリック教会の中心としての役割を果たしている。

1780年に再建されたが、1836年に台風で被害を受け崩壊。
1844年に再建された当時は、世界で最も美しいカテドラルといわれた。
現在の建物は1937年に再建されたコンクリート造りの建物である。

石造りの外装は、上海製の漆喰を使って落ち着いた雰囲気に仕上げられている。ファサード(建物の正面)は、両側に鐘楼がそびえ立つっている。内部は美しく装飾が施され、ステンドグラスがすばらしい。

見どころ

マカオの中心部にある、世界遺産の教会と広場

Igreja da Sé

セドナ広場の近くにある石づくりの階段を登っていくと、教会の姿が見えてくる。
教会前にはちょっとした広場には噴水やベンチがあり、休憩をする人の姿もみえる。
特徴的な石畳が敷き詰められた広場は、大堂とあわせて世界遺産に登録されている。

マカオの観光の中心地にありながら、喧騒からは外れた静かなエリアにあり、こじんまりとした落ち着いた雰囲気の教会は、歴史ある風格のある佇まいである。

教会内部、主祭壇の下には、1835年の台風による被害を受けた際に、教会の再建に貢献した、D.ニコラス・ロドリゲス・ペレイラ・デ・ボルハ司教など、16-17世紀の司教や聖者の遺骨が納められている。

土曜、日曜と、クリスマスなど特別な日にはミサが行われている。

どんなマカオ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でマカオ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

マカオ旅行者の必読記事

マカオの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
(Photo by Wei-Te Wong Tomoaki INABA)

人気記事

マカオのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク