ナッツフォード・テラスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ナッツフォード・テラス
諾士佛台

2017/05/05 更新

基本情報

住所

九龍尖沙咀諾士佛台 
メトロ荃湾線尖沙咀駅(チムサーチョイ)B1出口より徒歩10分

料金

店舗によって異なる

営業時間

店舗によって異なる

休業日

店舗によって異なる

HP

-

Knutsford Terrace
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

九龍島のナイトスポット

Knutsford Terrace

香港のナイトスポットと言えば、中環(セントラル)の蘭桂坊(ランカイフォン)が有名だが、九龍(カオルーン)島側にあるナイトスポットが諾士佛台(ナッツフォード・テラス)だ。

九龍(カオルーン)島の繁華街、尖沙咀(チムサーチョイ)の大通り、彌敦道(ネイザンロード)と交差する金巴利道(キンバリーロード)にある美麗華商場(ミラマーショッピングセンター)の裏手に位置する。
諾士佛台(ナッツフォード・テラス)へは、諾士佛階(ナッツフォード・ステップス)という階段を上っていく。
階段脇の西洋風の建物にはオープンカフェやレストランがあり異国の雰囲気が漂う通りとなっている。

レストランは多国籍にわたり、この狭い路地だけで世界各国の料理を楽しむことが出来るので、中環(セントラル)の蘭桂坊(ランカイフォン)同様、外国人が多いスポットとなっている。

見どころ

多国籍のレストラン

諾士佛台(ナッツフォード・テラス)のレストランの一部はランチタイムにもオープンするが、ほとんどのお店は夕方17:00頃からのオープンとなっている。
昼間は静かで人通りも少なく、都会の真ん中ということを忘れるほどの穏やかなランチタイムが過ごせるが、日が暮れる頃より徐々に人が集まり始め、オープンテラスの席は賑わいを見せる。

タイ、マレーシアをはじめとする東南アジア系のレストランや、イタリアン、メキシカン、トルコ料理等、様々な種類のレストランが軒を連ねる、国際色豊かなスポットだ。
それぞれのレストランの店先にはボードに書かれた手書きのメニューやお店の個性を感じる看板などがあり、どのお店に入るか迷った際には参考にしてみよう。

編集部一押しの観光プラン

ピーク・トラムへ優先乗車!香港一の夜景を楽々観賞

  • オープントップバスとトラムの両方が楽しめる夜景観光ツアー

    オープントップバス+ビクトリア・ピーク 100万ドルの香港夜景観光ツアー

    オープントップバスで煌びやかなネオン街を走り抜けた後は、ビクトリア・ピーク名物トラムに乗って宝石箱のような夜景を一望。ピーク時には混雑必至なトラムに優先乗車できるのはとてもありがたい。100万ドルの夜景を味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のビクトリアピーク現地ツアーはこちら

    香港旅行者の必読記事

    (Photo by Wing1990hk KaguraYanki)

    アクセス・入場

    ナッツフォード・テラスへのアクセス

    九龍尖沙咀諾士佛台 
    メトロ荃湾線尖沙咀駅(チムサーチョイ)B1出口より徒歩10分

    プラン相談

    どんな香港旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「3万円以内で香港旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    香港のホテル
    海外での防犯対策グッズ