天后廟の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

天后廟 (テンゴウビョウ)
天后廟 (ティンハウミュウ)

2018/01/16 更新

基本情報

住所

九龍油麻地廟街眾坊街 
メトロ荃灣線 觀塘線油麻地(ヤウマテイ)駅C出口より徒歩4分

料金

無料

営業時間

9:00-17:00

休業日

年中無休

HP

-

Tin Hau Temple
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

海の守り神

Tin Hau Temple

九龍(カオルーン)島、油麻地(ヤウマテイ)エリアに位置する天后廟。
香港に数多くある天后廟の中でも、淺水灣(レパスルベイ)や銅鑼湾(コーズウェイベイ)の天后廟とともに有名な道教寺院のひとつで、九龍(カオルーン)島に存在する天后廟の中で一番の大きさを誇る。

天后廟には、海の安全を守る天后と土地の神、福徳祠が祀られている。
1865年に建てられた当時の天后廟は、1874年に災害で壊れたため、1890年に現在の場所へ新しく建てられた。
その際、油麻地(ヤウマテイ)の天后廟より北を廟北街、南を廟南街と呼ぶようになり、この二つの通りが交差する通りを廟街(テンプルストリート)と呼ぶようになった。
地域に根付き、古くから人々に大切にされてきた天后廟には、今も参拝客が絶えない。

見どころ

地域の人々に愛される天后廟

Tin Hau Temple

入口には獅子像があり、150年以上変わらずそのままの姿で天后廟を守り続けている。
また、最後まで燃え尽きると願いが叶うとされる、長い渦巻き線香が人々の願いをのせて吊るされている。

きめ細かで鮮やかな装飾が施された天后廟は、他の道教寺院同様に緑色の屋根に朱色の門が目を引く。
敷地内はとても静かで、緑に囲まれているため、地元の人々がのんびり過ごす姿も見受けられる。

実在していたとされる天后は、天気の予測ができる特殊な能力があり、海と漁師の安全を守りつづけてきたため、海の神と言われ、昔も今も人々に愛されている。

編集部一押しの観光プラン

ピーク・トラムへ優先乗車!香港一の夜景を楽々観賞

  • オープントップバスとトラムの両方が楽しめる夜景観光ツアー

    オープントップバス+ビクトリア・ピーク 100万ドルの香港夜景観光ツアー

    オープントップバスで煌びやかなネオン街を走り抜けた後は、ビクトリア・ピーク名物トラムに乗って宝石箱のような夜景を一望。ピーク時には混雑必至なトラムに優先乗車できるのはとてもありがたい。100万ドルの夜景を味わおう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のビクトリアピーク現地ツアーはこちら

    香港旅行者の必読記事

    (Photo by J Aaron Farr Aaron May cotaro70s)

    アクセス・入場

    天后廟へのアクセス

    九龍油麻地廟街眾坊街 
    メトロ荃灣線 觀塘線油麻地(ヤウマテイ)駅C出口より徒歩4分

    プラン相談

    どんな香港旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「3万円以内で香港旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    香港のホテル
    海外での防犯対策グッズ