スポンサーリンク

アラワイ運河の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

アラワイ運河
Ala Wai Canal

2016/08/04 更新

Ala Wai Canal

概要

ワイキキでHoloholo(お散歩)

Ala Wai Canal

1921年、ワイキキをリゾート地として開拓するために造られた運河。1928年に完成。「水が湧き出す」という意味を持つワイキキの名の通り、当時は湿地帯で、蚊が多く発生する土地であった。にもかかわらず、王族の保養地であったワイキキだが、王政崩壊後にクーデターで勝利した白人勢がワイキキをビーチリゾートにするために、環境整備を行い、リゾート地と一般生活エリアを分断するためにアラワイ運河を造った。

10年ほど前までは、運河は汚く悪臭を放ち、ハリケーンによって氾濫するなどしていたが、現在では整備が進み、水は透明度を増し、遊歩道ができて、地元のみならず観光客に人気のお散歩コースとなっている。風がやむと水面がフラットになり鏡のようになって、湖岸を映し出し、美しい景色となって人々の目と心を和ませている。朝と夕方では違った景色を見せるので、時間がある方は何度か足を運んでみてはいかがだろうか。

尚、遊歩道はローラーブレードや自転車は通行禁止なので注意(注:ワイキキ内はすべて同じルール)。また、夜間は危険なので一人歩きは厳禁。

アラワイ運河の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク