スポンサーリンク

カメハメハ大王像の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カメハメハ大王像
King Kamehameha Statue

2017/05/05 更新

King Kamehameha Statue

概要

ハワイのシンボル

King Kamehameha Statue

1810年、長い戦いの末にハワイ諸島を統一、初代国王となったカメハメハ大王。1883年、カラカウア王の戴冠式に奉納されたアリイオラニ・ハレ前に設置されている物を含め、全部で4体ある。

実はアリイオラニ・ハレ前にある像は、ヨーロッパで造られ船で輸送中に沈没し紛失してしまったため、同じ鋳型から急遽造られた2体目となる。のちの1912年に発見された1体目は、カメハメハ大王の生誕の地、ビッグ・アイランド・カパアウに設置され、1969年にアメリカ国会議事堂の国立彫像ホールに、1997年にハワイ島のヒロに設置された。尚、ヒロには若きカメハメハが持ち上げてひっくり返したという巨大な一枚岩ナハ・ストーンがある。

毎年6/11のキング・カメハメハ・デー(カメハメハ大王の誕生日とされている)には、たくさんのレイで飾られる。古代ハワイの衣装である、金色のヘルメットにマントでたたずむカメハメハ大王像は、アリイオラニ・ハレ前でイオラニ宮殿を100年以上にわたって見守っている。

ハワイの危険対策


(Photo by Daniel Ramirez)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク