スポンサーリンク

アロハ・タワーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アロハ・タワー
Aloha Tower

2017/05/05 更新

Aloha Tower

概要

ホノルルのランドマーク

Aloha Tower

かつてハワイへの玄関口であったホノルル港に建つ、シンボル的存在のアロハ・タワー。1926年に建造され、多くの観光客を迎え入れた。当時はハワイで一番高い塔であり、時計台としても全米で最大規模であった。現在はアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されている。

飛行機での移動が主流となり、さびれていったものの、1994年にリニューアルをしショッピングセンターとなったが、徐々に衰退。2015年に入り再構築が始まり、ハワイ・パシフィック・ユニバーシティの学生や職員専用のスペースになった。
但し、タワーの10階の展望台は無料開放されている。入口でセキュリティチェックが必要。展望台は4方向に窓があり、海やホノルルの街を見渡すことが出来る。またディナークルーズの出港窓口にもなっている。また一部では様々なイベントが行われていたり、週末にはファーマーズ・マーケットが開催されている。

かつて移民を多く受け入れた港は、現在留学生を多く受け入れる大学へと変化していっている。以前訪れたことのある方はあまりの変貌に驚くかもしれないが、当時の繁栄に思いを馳せ新しいハワイを見るのもいいだろう。

ハワイの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク