スポンサーリンク

セビリア美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

セビリア美術館
Museo de Bellas Artes de Sevilla

2017/05/05 更新

Museo de Bellas Artes de Sevilla

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

歴史ある修道院の美しい建物と、美術品の数々

Museo de Bellas Artes de Sevilla

旧市街、アルフォンソ12世通りからムセオ広場に入ると、目の前に、スペイン第2の規模を誇るセビリア美術館がある。

1612年に建てられたメルセス会のメルセッド修道院を改築し、1835年に美術館としてオープンした。
立派で美しい建物は内部も素晴らしい天井画で彩られ、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと美術品を鑑賞することができる。
内部には3つのパティオ(中庭)があり、美しいタイルで飾られた回廊も素晴らしい。

美術品の数々が、14の展示室に飾られている。
その多くは、財産解放令により国有化された多くの修道院や教会から没収されたもので、その数は1000点にも及ぶ。
そのため、入場は比較的安く、無料で観覧できる日もある。

宗教画のほうかに、この地方の風景を描いた作品も多く見ることができる。

見どころ

セビリアを代表する画家、ムリーリョとスルバランの素晴らしいコレクション

Museo de Bellas Artes de Sevilla

セビリア美術館は、セビリア美術史の中の黄金時代を築いた17世紀の画家、ムリーリョとスルバランの作品を数多く収蔵していることで知られる。
特に、ムリーリョのコレクションは世界一といわれる。

バルトロメ・エステバン・ムリーリョは、愛らしい聖母像や子どもを多く描いたことで知られている。
受胎告知を受けた聖母マリアを題材にした「無原罪のお宿り」は、ペストの流行で亡くなった彼の妻と子どもへの思いを込めて描いた作品である。
ほかにも、「セルビジュタの聖母」、「聖ユスタと聖ルフィーナ」、「悲しみの聖母」などが有名。

フランシスコ・デ・スルバランは、宗教画や素晴らしい静物画で知られる。
「聖トマスの崇拝」、「聖ヨセフの戴冠」、「十字架のキリスト」など、有名な作品が展示されている。

美術館の前の公園には、ムリーリョの胸像が飾られているので、ぜひ見ておきたい。

セビリアの危険対策


(Photo by Sandra Vallaure Son of Groucho Olivier Bruchez)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク