スポンサーリンク

マエストランサ闘牛場の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

マエストランサ闘牛場
La Maestranza

2017/01/06 更新

La Maestranza

概要

闘牛の聖地とも呼ばれる、広大な敷地を持つ美しい闘牛場

La Maestranza

セビリアのマエストランサ闘牛場は18世紀設立、スペイン国内でも1、2の人気を誇る格式闘牛場である。
1730年にフェリペ5世王から許可を得た、セビージャ貴族の騎士兄弟団(フラタ二ティ)が建設を開始、およそ120年かけて現在のような美しい闘牛場を作り上げた。

闘牛は通常4月から10月の間行われる。
それ以外の期間は、闘牛場の見学ツアーが開催され、闘牛場の中や、普段は見ることのできない、闘牛士のための礼拝堂など内部の施設を見ることができる。
絵画や写真が飾られ、ガイドの解説もあり、なかなか見ごたえがある。

闘牛のチケットは予約しておくほうがよいが、席にこだわらなければ当日のチケットが買えることもある。
日陰席と日向の席があり、石の座席が固いのでクッションをレンタルできる(€1.5-2.0)。

闘牛場はアルフォンソ13世運河沿い、カテドラルから徒歩5分ほどの場所にある。
近くには闘牛士の衣装を売る店もあり、金糸を豊富に使ったキラキラと美しい衣装や靴なども見られる。

(Photo by A.Davey)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット