スポンサーリンク

新教会の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

新教会
Nieuwe Kerk

2016/08/04 更新

Nieuwe Kerk

概要

意外と古い新教会

Nieuwe Kerk

ダム広場王宮に向かって右手にある新教会の歴史は、その名とは裏腹に15世紀まで遡る。
旧教会に次ぐ、アムステルダムの第二の教区教会として建造された。
幾度の火災に見舞われながらも再建し、ゴシック様式の美しい姿を残している。
しかし、1645年の火災のあと鐘塔は建設されず、今なお未完成のままである。

新教会では何世紀にもわたり王家の戴冠式が行われており、2013年4月30日にはウィレム=アレクサンダー王の戴冠式が行われた。
戴冠式には各国の元首が参列し、日本からは皇太子ご夫妻が出席された。
現在は主に展示会場として使用されている。
夏場はパイプオルガンの演奏もあり、入館者は無料で聞くことができる。
イベントと演奏の内容やスケジュールはHPで確認できる。

新教会の危険対策


(Photo by Jorge Láscar)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク