スポンサーリンク

アムステルダムのスキポール空港と市内へのアクセス方法

アムステルダムのスキポール空港と市内へのアクセス

2016/12/01 更新


Luchthaven Schiphol
  • データガイド

スポンサーリンク

概要

特徴

スキポール空港の外観

スキポール空港は、アムステルダムの中心から南西におよそ9キロメートルのところに位置する国際空港。90以上の航空会社が300以上の都市とアムステルダムをつないでいる。2014年の旅客数は5497万人を超え、ヨーロッパ全体で5番目、世界でも14番目に忙しい空港であった。オランダのKLMグループをはじめ、イギリスの格安航空会社イージージェットやアメリカのデルタ航空など複数の航空会社がハブ空港として利用している。日本(東京・大阪・福岡)からの直行便も多い。

・スキポール空港公式ホームページ
http://www.schiphol.nl/index_en.html

ターミナル

スキポール空港内部

1つの大きなターミナルビルの中にすべての施設があり、ビル内は3つのホール(Departures1-Departures3)に分かれている。格安航空会社用のゲートM以外は、各ホール間を歩いて移動できるのも特徴。全体の地図やラウンジの位置は公式ホームページ内で確認できる。

・各ターミナルのマップ
http://www.schiphol.nl/Travellers/AtSchiphol/Maps.htm

乗り継ぎ

スキポール空港内ターミナル

乗り継ぎの所要時間は約1時間を見ておこう。スキポール空港はターミナルが分かれておらず、あらゆる施設やゲートへ徒歩で行き来できるよう設計されている為(ゲートMのみ例外)世界的に見ても乗り換えがしやすい空港と言える。しかし入国審査等が混み合う場合も多く、くれぐれも気を抜かないようにしよう。

スポンサーリンク

Wi-Fi、SIMカード

スキポール空港のフリーWi-Fi

また、空港内では無料Wi-Fiが利用可能。〈Schiphol_Airport_Wi-Fi〉に接続して簡単な登録をすることで、時間の制限なくインターネット無料で使用できる。訪れた際にはぜひ活用してほしい。

また、旅行者向けのプリペイド式SIMカードは空港内の各地で販売している。日本から来た場合には、到着口4付近のブースがお勧め。

免税店、レストラン

スキポール空港内の免税店

到着ホールのある1階(Level 0)には、免税店や24時間営業の飲食店等が並ぶ巨大ショッピングエリア「スキポール・プラザ」が営業中。フライドポテトが食べ歩きできるスタンドやワインバー等バラエティー豊かなラインナップで、いつでも旅行客や一般客でにぎわっている。チューリップやミッフィーに関する可愛らしいグッズも揃い、女性や子供へのお土産にも喜ばれるだろう。到着ホール1と2の間から行くことができる屋上のパノラマテラスも一般開放されているので、天気が良ければぜひ訪れたい。

美術館、カジノ

スキポール空港にあるカジノ

スキポール空港では、空港にしては珍しく公営カジノ(ホランドカジノ)が営業している(営業時間6:00-19:45)。18歳以上であれば無料で入場できるので、トランジットの暇つぶしには持ってこいだろう。スロットやルーレット、ブラックジャック等が楽しめる。空港内のカジノとあって、皆カジュアルな服装でプレイする姿も印象的。入場の際にはパスポートを預ける必要があり、搭乗時間が迫ってくると館内にアナウンスがかかるという至れり尽くせりな仕様だ。

また、美術館が併設されているのも珍しいポイント。アムステルダム国立美術館所蔵の所蔵品が一部展示され、乗り換えまでの空いた時間に芸術鑑賞すら可能だ。

両替所、ATM

スキポール空港での両替

両替所、ATMと荷物用のロッカー(S-XL)は空港各所に、手荷物預かり所(Baggage Depot)は到着ホール1と2の間にある。ただし、空港内の両替所はレートが悪い事が多いので、必要最低額のみ換金し、それ以外は滞在中にアムステルダム市内で両替するのが無難だ。

ラウンジ

スキポール空港のラウンジ

プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使って入場可能なラウンジは以下の通り。
・ASPIRE LOUNGE (NO.26)
営業時間は5:30-21:30。セキュリティー・チェック通過後、右手の「Lounge 26」の案内表示に従って進む。インターネットコーナー、シャワーはない。

・ASPIRE LOUNGE (NO.41)
営業時間は6:00-23:30。パノラマデッキ3階「Lounge 41」の案内表示に従って進む。インターネットコーナー、シャワーあり。

>>ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら<<

スキポール空港から市内へのアクセス

Luchthaven Schiphol

到着ホールはターミナルビルの1階。到着後は入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関という流れ。出口に着いたら空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで向かおう。

NS(Dutch Railways/オランダ鉄道)で市内へ

アムステルダムの鉄道

スキポール空港とアムステルダム市内を直通または乗換1回のみで結ぶ。昼間の運行本数が多く、夜間にも運行もしているので便利。

■所要時間
アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal)まで15-18分。深夜-早朝は1時間に1本の運行。

■料金
大人片道€4.10、往復€8.2。
※スキポール空港-アムステルダム市内の各鉄道駅間の料金(2nd class)、特急列車またはICEの追加料金(片道€2.30、往復€4.6)あり。

チケットはプラットホーム近くにあるNSの券売機、NSチケット&サービスデスク(到着ホール1と2の間)、またはオンラインで購入可。券売機は、上に青地に白で「NS」のロゴがある。

■乗り場
ターミナルビル地下のSchiphol駅。

オランダの鉄道についての詳細はこちら

アムステルダム・エアポート・エクスプレスで市内へ

Luchthaven Schiphol

スキポール空港とアムステルダム市内中心部を結ぶConnexxion社のバス。

■所要時間
ミュージアム広場まで28分、国立美術館まで32分、ライツェ広場まで34分。約15分間隔で運行している。

■料金
大人片道€5。チケットデスク(到着ホール1と2の間)、バス車内またはオンラインで購入可。オンラインで購入すると割引価格になる。

■乗り場
到着ホールを出た所にあるバスターミナルSchiphol Plazaの「B9」乗り場。

・アムステルダム・エアポート・エクスプレスのHP(停留所の詳細記載有り)
http://www.bus197.nl/

スキポール・ホテル・シャトルで市内へ

アムステルダムのシャトルバス

スキポール空港と市内の主要ホテルを結ぶ8人乗りのシャトルバス。車内では無料Wi-Fiを使用できる。

■料金
大人片道€17、往復€27(1人あたりスーツケース1個+手荷物1個までが料金に含まれる)。3人-8人の場合グループ割引あり。到着ホール4にあるチケットデスクまたはオンラインで購入可。

■乗り場
到着ホールを出たところのバスターミナルSchiphol Plazaの「A7」乗り場。30分おきに運行している(6:30-21:30)。

・スキポール・ホテル・シャトルのHP
http://www.schipholhotelshuttle.nl/

タクシーで市内へ

アムステルダムのタクシー

アムステルダムの公認のタクシーは青のナンバープレートで、車内と車体の目立つ位置に料金表があり、車内に公式のライセンスナンバーの表示がある。空港内で客引きをしている非公認のドライバーもいるが、安全の為にもタクシー乗り場から公認のタクシーに乗るようにしよう。また、乗車時に金額を確認することをお勧めする。

■所要時間
市内中心までおよそ30分。

■料金
市内中心まで€45-€50。
乗合タクシーだと€20-€25ほど。

■乗り場
ターミナルビルを出たところのタクシー乗り場。

タクシーについての詳細はこちら

日本-アムステルダム間のフライトで得られるマイル

  • マイレージ情報
    出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 1万2014マイル
    大阪/関西 1万1808マイル

    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    >>マイルの貯め方・使い方の詳細はこちら<<

  • スキポール空港の利用者必携アイテム

    旅先で重さを計れるラゲッジチェッカー

  • "重量超過してない?を事前に確認

    1040円
    このラゲッジチェッカーはスーツケースの重さを旅先で計ることができる優れものだ。これさえあれば、空港のチェックイン時に重量制限をオーバーして超過料金を払うことも、慌ててスーツケースを開けて荷物を取り出す必要もなくなる。この超過料金だが、航空会社によって異なるが一般的に数万円程度請求されるため馬鹿にならない。ラゲッジチェッカー自体は手のひらサイズで軽いため、一つ持っておけばとても便利だ。

  • お勧めポイント

    ☑ 事前に飛行機の重量制限オーバーを確認できる
    ☑ 手のひらサイズで持ち運びが楽

    Amazonで詳細を見る

    吸引不要の圧縮袋

  • "荷物で一番かさばるの服を小さく

    荷物の中で圧倒的に幅を占めてしまうのが衣類だ。長期の旅行や、寒い国に行く場合には、増えた衣類のせいでワンサイズ大きなスーツケースが必要になるということもある。そんな時に役にたつ圧縮袋だが、百円ショップなどの格安のものは避けることをお勧めする。出発時は難なく使える格安圧縮袋だが、いざ帰国という時に破損してしまっているというケースも少なくない。お勧めする圧縮袋は繰り返し利用することを前提に作られており、旅行での利用にうってつけだ。掃除機での吸引要らずで、手で丸めるだけで、衣類を驚くほど小さく圧縮してくれる。

  • お勧めポイント

    ☑ 繰り返し利用が可能
    ☑ 掃除機要らずで圧縮
    ☑ 安心の日本製

    Amazonで詳細を見る

    機内持ち込みスーツケース

  • "レトロデザインで高級感あふれる

    機内持ち込みスーツケースとは、空港で荷物を預ける必要がなく、飛行機の荷物棚に収まるサイズのスーツケースのことだ。メリットとしては、到着時の荷物待ちを避けられること、大事な荷物をロストバゲージから守れること、そして帰国前の免税店で大量に購入したお土産を詰めて身軽になれることなどが挙げられる。TABITORAのスーツケースの特徴はレトロデザインによるおしゃれさと、アルミをフレームに用いた超軽量性だ。高級感がある割にお値段が手ごろなのも嬉しい。
    ※TSAロックとは、職員がテロ対策のために開錠して荷物確認できるシステム

  • お勧めポイント

    ☑ 機内持ち込み可
    ☑ TSAロック搭載
    ☑ アルミフレームを用いた超軽量
    ☑ ジッパーではなくロック式

    Amazonで詳細を見る特設ページを見る

    TSA対応スーツケースベルト

  • "防犯対策だけじゃない

    スーツケースに鍵がついているからといってスーツケースベルトをしない旅行者も多い。しかし、スーツケースベルトをすべき理由は防犯だけではない、最も気を付けたいのが、空港やホテルで荷物を手荒に扱われた際にスーツケースの鍵が壊れるケースだ。空港の荷物受け取りベルトコンベアで、全開になったスーツケースを見たことはないだろうか。スーツケースベルトには、鍵が壊れた際に荷物が飛び出てしまわないようにする役割がある。せっかくスーツケースベルトを買うのであれば、アメリカ旅行に必須のTSA対応のものがお勧めだ。

  • お勧めポイント

    ☑ TSAロック対応
    ☑ 一年間のメーカー保証付き

    Amazonで詳細を見る


    空港近くのおすすめホテル

    スキポール空港近くにあるおすすめホテルを紹介する


  • シチズンM スキポール エアポートの部屋

    "シチズンM スキポール エアポート

    スキポール空港から歩いて数分の位置にあるホテル。トランジットや早朝便深夜便の利用者向けに、24時間レストランを開いている。近代的なデザインと機能的なホテルで、快適に滞在することができる。空港側の部屋であれば、窓を開ければすぐそこに滑走路が見え、飛行機の離着陸を見て楽しむこともできるだろう。

  • お勧めポイント

    ☑ 空港から歩いて10分弱の立地
    ☑ 24時間利用可能なレストラン併設

    詳細はこちら

    販売会社:Expedia

    (Photo by citizenM Schiphol Airport公式Facebookページ Andrew Nash Niels Broekzitter Laura Ashley Marc van der Chijs)

    スキポール空港からアムステルダム市内に行くお勧めプラン

    スキポール空港から出発するプランを厳選してご紹介。空港に到着した後の市内へのアクセスや、長時間のトランジットを利用した市内観光などが容易になるだろう。


  • スキポール空港には送迎用の車が沢山訪れる

    "貸切チャーター送迎プラン

    大人
    1万円-(€91程-)
    スキポール空港からアムステルダム市内まで、貸切チャーターで送ってくれる。重い荷物を持って電車に乗りたくない人には最適だ。また、複数人で参加することで一人あたりの単価が下がるのでお勧め。ホテルまで直接送ってくれるので安心だ。

  • お勧めポイント

    ☑ 貸切チャーターで快適
    ☑ ホテルまで直接送ってくれる

    出発時間帯 所要時間 送迎有無 食事有無 子供参加可否 日本語ガイド 英語対応
    到着後1時間以内 乗車時間 × ×

    購入はこちらから

    販売会社:Lindbergh


  • スキポール空港から電車でアムステルダムに行ける

    "空港到着時アシスタントサービス&観光パック

    大人
    5600円-(€49程-)
    空港到着時に、日本語スタッフがアムステルダム市内へのアクセスの仕方を教えてくれる。また、トラベルカードがセットでついており、空港-市内間の電車賃や市内の交通費は一切かからない。アシスタントスタッフは、市内に向かう電車の改札口まで送ってくれるので安心だ。長時間のトランジットで利用するのもいいし、そのままアムステルダムに居続けても問題ない。

  • お勧めポイント

    ☑ 日本語スタッフが市内へのアクセスの仕方を教えてくれる
    ☑ 市内での公共交通期間が24時間乗り放題
    ☑ 空港-市内間の往復分が無料

    出発時間帯 所要時間 送迎有無 食事有無 子供参加可否 日本語ガイド 英語対応
    到着次第 30分 × ×

    購入はこちらから

    販売会社:H.I.S.アムステルダム支店


  • 美しいアムステルダムの街並み

    "乗り継ぎ時間で市内観光プラン

    大人
    1万6500円-(€145程-)
    乗り継ぎ時間が6時間以上ある場合にのみ参加出来るツアー。短い時間でアムステルダム市内を観光できる。空港と市内は専用車に乗って移動するので心配いらない。日本語スタッフが丁寧に説明してくれるので、短い時間でもアムステルダムを満喫できる。スキポール空港で6時間以上時間がある際には参加してみては如何だろうか。

  • お勧めポイント

    ☑ トランジットの間に観光ができる
    ☑ 空港と市内は専用車で送り迎え
    ☑ 日本語スタッフによる丁寧な説明でアムステルダムを満喫

    出発時間帯 所要時間 送迎有無 食事有無 子供参加可否 日本語ガイド 英語対応
    到着次第 3時間 × 3歳以下は無料

    購入はこちらから

    販売会社:H.I.S.アムステルダム支店

    (Photo by Andrew NashFranklin Heijnen Moyan Brenn)

    スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ