スポンサーリンク

アムステルダムのスキポール空港と市内へのアクセス方法

アムステルダムのスキポール空港と市内へのアクセス

2017/05/31 更新

Luchthaven Schiphol
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

スキポール空港の外観

スキポール空港は、アムステルダムの中心から南西におよそ9キロメートルのところに位置する国際空港。90以上の航空会社が300以上の都市とアムステルダムをつないでいる。2014年の旅客数は5497万人を超え、ヨーロッパ全体で5番目、世界でも14番目に忙しい空港であった。オランダのKLMグループをはじめ、イギリスの格安航空会社イージージェットやアメリカのデルタ航空など複数の航空会社がハブ空港として利用している。日本(東京・大阪・福岡)からの直行便も多い。

・スキポール空港公式ホームページ
http://www.schiphol.nl/index_en.html

ターミナル

スキポール空港内部

1つの大きなターミナルビルの中にすべての施設があり、ビル内は3つのホール(Departures1-Departures3)に分かれている。格安航空会社用のゲートM以外は、各ホール間を歩いて移動できるのも特徴。全体の地図やラウンジの位置は公式ホームページ内で確認できる。

・各ターミナルのマップ
http://www.schiphol.nl/Travellers/AtSchiphol/Maps.htm

乗り継ぎ

スキポール空港内ターミナル

乗り継ぎの所要時間は約1時間を見ておこう。スキポール空港はターミナルが分かれておらず、あらゆる施設やゲートへ徒歩で行き来できるよう設計されている為(ゲートMのみ例外)世界的に見ても乗り換えがしやすい空港と言える。しかし入国審査等が混み合う場合も多く、くれぐれも気を抜かないようにしよう。

スポンサーリンク

Wi-Fi、SIMカード

スキポール空港のフリーWi-Fi

また、空港内では無料Wi-Fiが利用可能。〈Schiphol_Airport_Wi-Fi〉に接続して簡単な登録をすることで、時間の制限なくインターネット無料で使用できる。訪れた際にはぜひ活用してほしい。

また、旅行者向けのプリペイド式SIMカードは空港内の各地で販売している。日本から来た場合には、到着口4付近のブースがお勧め。

必見情報
HowTravelは海外Wi-Fiレンタル大手であるグローバルWiFi社と提携しており、以下のリンクから申込むことで利用料が5%オフになり、受け取り手数料が無料になる特典を受けられる。旅行中もWi-Fiを利用したい場合は事前に申込んでおこう。出発空港で受け取ることができる。

➡ 申し込みはこちら
※上記リンク外からの申し込みは特典対象外

免税店、レストラン

スキポール空港内の免税店

到着ホールのある1階(Level 0)には、免税店や24時間営業の飲食店等が並ぶ巨大ショッピングエリア「スキポール・プラザ」が営業中。フライドポテトが食べ歩きできるスタンドやワインバー等バラエティー豊かなラインナップで、いつでも旅行客や一般客でにぎわっている。チューリップやミッフィーに関する可愛らしいグッズも揃い、女性や子供へのお土産にも喜ばれるだろう。到着ホール1と2の間から行くことができる屋上のパノラマテラスも一般開放されているので、天気が良ければぜひ訪れたい。

美術館、カジノ

スキポール空港にあるカジノ

スキポール空港では、空港にしては珍しく公営カジノ(ホランドカジノ)が営業している(営業時間6:00-19:45)。18歳以上であれば無料で入場できるので、トランジットの暇つぶしには持ってこいだろう。スロットやルーレット、ブラックジャック等が楽しめる。空港内のカジノとあって、皆カジュアルな服装でプレイする姿も印象的。入場の際にはパスポートを預ける必要があり、搭乗時間が迫ってくると館内にアナウンスがかかるという至れり尽くせりな仕様だ。

また、美術館が併設されているのも珍しいポイント。アムステルダム国立美術館所蔵の所蔵品が一部展示され、乗り換えまでの空いた時間に芸術鑑賞すら可能だ。

両替所、ATM

スキポール空港での両替

両替所、ATMと荷物用のロッカー(S-XL)は空港各所に、手荷物預かり所(Baggage Depot)は到着ホール1と2の間にある。ただし、空港内の両替所はレートが悪い事が多いので、必要最低額のみ換金し、それ以外は滞在中にアムステルダム市内で両替するのが無難だ。

必見情報
JTBが世界中のATMで引き出せる旅行用プリペイドカードを発行しており、空港での両替レートよりも最大10%程度お得に現地通貨を引き出すことができる。作るのは少々面倒ではあるが、多額の現金を持ち歩かなくて済むのは安心だ。

➡ 旅行用プリペイドカードのウェブサイトはこちら

ラウンジ

スキポール空港のラウンジ

プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使って入場可能なラウンジは以下の通り。
・ASPIRE LOUNGE (NO.26)
営業時間は5:30-21:30。セキュリティー・チェック通過後、右手の「Lounge 26」の案内表示に従って進む。インターネットコーナー、シャワーはない。

・ASPIRE LOUNGE (NO.41)
営業時間は6:00-23:30。パノラマデッキ3階「Lounge 41」の案内表示に従って進む。インターネットコーナー、シャワーあり。

>>ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら<<

スキポール空港から市内へのアクセス

Luchthaven Schiphol

到着ホールはターミナルビルの1階。到着後は入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関という流れ。出口に着いたら空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで向かおう。

レンタカーで市内へ

既にアムステルダムを何度も訪れている人や、スキポール空港から他の都市に移動する旅行者にお勧めなのがレンタカー。空港には幾つもレンタカー会社の窓口があり、料金も異なるため、いくつかまわって検討したい。

必見情報
インターネットで事前に予約する場合はrentingcarz.comがお勧めだ。主要レンタル会社はほぼ網羅しており、最安値を見つけることができる。空港や街中での受け取り・返却が可能だ。

➡ rentingcarz.comのウェブページはこちら
※検索ボックスで「アムステルダム空港」と入力

NS(Dutch Railways/オランダ鉄道)で市内へ

アムステルダムの鉄道

スキポール空港とアムステルダム市内を直通または乗換1回のみで結ぶ。昼間の運行本数が多く、夜間にも運行もしているので便利。

■所要時間
アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal)まで15-18分。深夜-早朝は1時間に1本の運行。

■料金
大人片道€4.10、往復€8.2。
※スキポール空港-アムステルダム市内の各鉄道駅間の料金(2nd class)、特急列車またはICEの追加料金(片道€2.30、往復€4.6)あり。

チケットはプラットホーム近くにあるNSの券売機、NSチケット&サービスデスク(到着ホール1と2の間)、またはオンラインで購入可。券売機は、上に青地に白で「NS」のロゴがある。

■乗り場
ターミナルビル地下のSchiphol駅。

オランダの鉄道についての詳細はこちら

アムステルダム・エアポート・エクスプレスで市内へ

Luchthaven Schiphol

スキポール空港とアムステルダム市内中心部を結ぶConnexxion社のバス。

■所要時間
ミュージアム広場まで28分、国立美術館まで32分、ライツェ広場まで34分。約15分間隔で運行している。

■料金
大人片道€5。チケットデスク(到着ホール1と2の間)、バス車内またはオンラインで購入可。オンラインで購入すると割引価格になる。

■乗り場
到着ホールを出た所にあるバスターミナルSchiphol Plazaの「B9」乗り場。

・アムステルダム・エアポート・エクスプレスのHP(停留所の詳細記載有り)
http://www.bus197.nl/

スキポール・ホテル・シャトルで市内へ

アムステルダムのシャトルバス

スキポール空港と市内の主要ホテルを結ぶ8人乗りのシャトルバス。車内では無料Wi-Fiを使用できる。

■料金
大人片道€17、往復€27(1人あたりスーツケース1個+手荷物1個までが料金に含まれる)。3人-8人の場合グループ割引あり。到着ホール4にあるチケットデスクまたはオンラインで購入可。

■乗り場
到着ホールを出たところのバスターミナルSchiphol Plazaの「A7」乗り場。30分おきに運行している(6:30-21:30)。

・スキポール・ホテル・シャトルのHP
http://www.schipholhotelshuttle.nl/

タクシーで市内へ

アムステルダムのタクシー

アムステルダムの公認のタクシーは青のナンバープレートで、車内と車体の目立つ位置に料金表があり、車内に公式のライセンスナンバーの表示がある。空港内で客引きをしている非公認のドライバーもいるが、安全の為にもタクシー乗り場から公認のタクシーに乗るようにしよう。また、乗車時に金額を確認することをお勧めする。

■所要時間
市内中心までおよそ30分。

■料金
市内中心まで€45-€50。
乗合タクシーだと€20-€25ほど。

■乗り場
ターミナルビルを出たところのタクシー乗り場。

タクシーについての詳細はこちら

日本-アムステルダム間のフライトで得られるマイル

  • マイレージ情報
    出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 1万2014マイル
    大阪/関西 1万1808マイル
    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    ➡ マイルの貯め方・使い方の詳細はこちら


  • 【必見】スキポール空港を利用する際のポイント

    到着が翌朝になる場合の対策


    日本とオランダの時差は8時間(サマータイム時は7時間)であり、直行便で12時間程度かかるため、イメージとしては、日本時間夕方に出発した場合はアムステルダムに夜中到着、日本時間の夜中に出発した場合は早朝到着となる。

    飛行機で十分な睡眠を取れずにスキポール空港に到着するとせっかくの旅行にも関わらず満喫できないどころか、最悪の場合は体調を崩すことがある。飛行機内でしっかり睡眠をとれるように対策をしておこう。ネックピローアイマスク耳栓などはもちろん、必要に応じて睡眠導入剤も持っていこう。

    ➡ 飛行機で安眠できる最強睡眠グッズのご紹介はこちら

    到着・出発が深夜になる場合の対策

    シェラトン アムステルダム エアポート スキポール

    スキポール空港から市内へは30分程度の道のりなので、公共交通機関が動いている時間にさえ到着すればさほど心配する必要はない。到着が23時を過ぎる場合にのみ対応策を練っておきたい。

    治安が良いアムステルダムなので、もちろんタクシー利用でも問題はないが、やや料金が高いし、ホテル到着時間が明け方近くなってしまってもしんどい。スキポール空港には空港直結の シェラトン アムステルダム エアポート スキポールという口コミ評価抜群のエアポートホテルがあるので、選択肢として考えておこう。

    ➡ シェラトン アムステルダム エアポート スキポールの詳細はこちら

    アムステルダム旅行の危険情報

    危険地域を把握しよう!

    知らぬ間のスキミング被害やスリ被害が多発!

    人気記事

    ドゥルーロップ アムステルダムの概案
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク