スポンサーリンク

ババリア・フィルムシュタットの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ババリア・フィルムシュタット
Bavaria Filmstadt

2017/05/05 更新

Bavaria Filmstadt

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ドイツ・ミュンヘンの映画の都

Bavaria Filmstadt

ヨーロッパでも最大規模の映画スタジオがある「ババリア・フィルムシュタット」。
ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデ作-はてしない物語が原作の、「ネバーエンディングストーリー」や「Uボート」、昔のSF映画のセットなどの撮影所を見学することができる。
見るだけでなくファルコンに乗って撮影したり、観客が参加して短編映画を作ったりと、体験型の楽しみもあるので旅行者の人気が高いスポットである。

他にも人気があるのが、「フィルムエクスプレス」というミニ列車に乗って、撮影所を回るツアー。
英語やドイツ語解説が付いており、ゆられながら解説を楽しむことができる。

家族連れで訪れても楽しめるスポットになっている。

見どころ

ファルコンに乗って特撮効果を体験

Bavaria Filmstadt

日本人にもよく知られている「ネバーエンディングストーリー」。
ババリア・フィルムシュタットで大人にも子どもにも人気なのが、実際にファルコンに乗っての特撮撮影体験だ。
実際に、迫力のあるファルコンのセットに乗って、空を飛ぶ様子を撮影してもらえる。
飛んでる瞬間はモニターに映されていて、映画さながらにファルコンに乗って空を飛んでいるように映される。
そんな夢あふれる演出は、特に家族連れにお勧めだ。

ネバーエンディングストーリーのセットを見て、ミヒャエル・エンデの世界に惹き込まれた後は、ぜひ立ち寄って夢を見てほしいおススメスポットである。

ミュンヘンの危険対策


(Photo by Eric C. Späte Eric C. Späte Eric C. Späte)

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク