スポンサーリンク

トゥルンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

トゥルン
Tulln

2017/05/05 更新

Tulln

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ドナウのたもと、エゴン・シーレゆかりの町

Tulln

トゥルンは、ウィーン・リンクから車で一時間程度の位置にあるドナウ河沿いの地方都市だ。
町のシンボルとも言える美しい噴水や咲き乱れる花々、そしてウィーン世紀末芸術を象徴する画家、エゴン・シーレの生誕地として知られる。
市内には、エゴン・シーレ美術館、シーレの生家など、シーレゆかりのスポットがいくつも存在する。

シーレの父親はトゥルン駅の駅長として働いており、駅舎の二階部分がシーレの家だった。
現在、彼の住んでいた部屋は公開されており、展示品などを鑑賞することもできる。シーレ・ファンならぜひ立ち寄りたいスポットだ。

トゥルンへのアクセスは車が便利だが、公共交通機関でアクセスすることもできる。
OBB(オーストリア国鉄)のフランツ・ヨーゼフ駅から電車を乗り換え、トゥルン駅までアクセスする。
一日の本数もそう多くないため、事前に時刻表をきちんと確認していくのがおすすめだ。

見どころ

シーレ・ファン必見。エゴン・シーレ博物館

Tulln

トゥルンにあるエゴン・シーレ博物館には、彼の最初期の作品を中心に、油彩画、水彩画、スケッチなどの幅広い作品が収集されている。
若くしてグスタフ・クリムトと出会い、師弟関係を築きながら独自の画風を発展させていったシーレだが、わずか28歳という若さでスペイン風邪(現在のインフルエンザ)にかかり夭折した。
有名作品はレオポルド美術館などウィーン市内で見ることのできるシーレだが、彼の作品をより深く理解するためにも、エゴン・シーレ美術館は外せないスポットだ。

ウィーンの危険対策


(Photo by János Korom Dr.)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク