ミュージアムクォーターの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ミュージアムクォーター
Museums Quartier Wien

2017/05/05 更新

Museums Quartier Wien

データガイド

アクセス・入場

概要

近現代の美術作品が揃う、ウィーン・アートの中心地

Museums Quartier Wien

ミュージアムクォーターは、ウィーンの中心地にある美術館・博物館が集まった地区そのものを指す。
頭文字をとって「MQ」と略し、ミュージアムクォーターに近づけば、オレンジ色の円に「MQ」が白抜きされたポップなロゴをいたるところで見られる。

ミュージアムクォーターの建物群はバラエティに富む。
伝統的なバロック建築による荘厳な建物の隣に黒い石作りのモダンな現代建築がそびえ、現代アートのオブジェのようなベンチが並ぶ。
レオポルド美術館、mumok(現代美術館)、クンストハレなど、近現代のアート作品を中心に、充実した展示が目白押し。
地区そのものはコンパクトにまとまり飲食や休憩スペースも充実しているため、1日どっぷりアートにひたれる、アート好きにはたまらないスポットだ。

見どころ

①レオポルド美術館のシーレ・コレクション

レオポルド美術館は、主にオーストリアの近現代美術作品を収蔵・展示する美術館だ。
グスタフ・クリムト、エゴン・シーレなど、オーストラリアの近現代美術を語る上で外せない傑作が集められている。
特に、エゴン・シーレのコレクションはレオポルド美術館のものが世界最大であり、有名な「ほおずきのある自画像」をはじめ、初期-後期までの作品が一堂に会す。

通常の営業時間は10:00-18:00だが、木曜は営業時間を延長し、21:00まで開館している。

②アートの今を知るmumok(近代美術館)

Museums Quartier Wien

ミュージアムクォーターの中でひときわ目を引く、黒い石のモザイク柄。
モダンながらも重厚な近代建築、mumok(近代美術館)だ。

mumokは20世紀から21世紀の現代美術のコレクションからなる。
アンディ・ウォーホル、ダニエル・スペーリ、ギュンター・ブリュスなど、私たちの心に鋭いメッセージを届けてくれる、刺激的なラインナップが魅力だ。

2011年には映写室が新たに設けられ、映画などの長編映像作品にどっぷりとひたれる環境が整った。

③息抜きにもぴったりのカフェ

ミュージアムクォーターは、それだけでたっぷり1日が過ごせてしまうほど、広大で充実した美術館・博物館群だ。
そして、1日を心地よく過ごせる休憩スペースやカフェ、レストラン、スタンドなどが併設されている。

レオポルド美術館の中二階に位置する「カフェ・レオポルド」、クンストハレ内の「ハレ」など、気軽に立ち寄り、ゆっくりと時間を過ごせる場所がある。
ちょっとした休憩なら、広場に並ぶオブジェめいたベンチに寝転び、ジューススタンドで買ったフレッシュジュースを楽しむこともできる。

ウィーン旅行者の必読記事

ウィーンの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!

海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!

マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!

海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

(Photo by Roger Newbrook)

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク