スポンサーリンク

リンク外部×エンタメ

4件

Volksoper Wien

1

ウィーン・フォルクスオーパー

音楽の都ウィーンを象徴する大衆オペラ座

ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーン・リンクから北西に少し離れ、アルザーグルント地区にある歌劇場だ。ウィーン国立オペラ座と並んで、音楽の都ウィーンの象徴といえるオペラ座といえる。 ウィーン・リンク内から最寄り駅であるWähringer Straße-Volksoper駅へアクセスする際は、メトロU2線、トラム1、D線のSchottentor駅(ショッテントーア駅)からトラム40、41、42番線へ乗り換えるのが簡単だ。

Theater an der Wien

2

アン・デア・ウィーン劇場

「新しいオペラハウス」を掲げるバラエティ豊かな歌劇場

アン・デア・ウィーン劇場は、ウィーン・リンクの外側、マリアヒルファー地区に位置する劇場だ。 毎年5月-6月に開催される「ヴィーナー・フェストヴォッヘン」のメイン会場としても知られる。

Wiener Konzerthaus

3

コンツェルトハウス

ウィーン・フィルハーモニーの本拠地

ウィーン・コンツェルトハウスは、ウィーン・リンク沿い、スタッドパークのそばに位置するオーケストラ用のコンサートホールだ。 大ホール・モーツァルトホール・シューベルトホールの3つのホールが完備される。 フェルディナンド・フェルナーの設計によるもので、金色に彩られた大ホールのドームは美術的価値も高く、また音響も優れていると言われる。

スポンサーリンク

Lainzer Tiergartens, Hermesvilla

4

ラインツ動物公園とヘルメスヴィラ

ハプスブルグ家の狩猟場だった自然公園

ラインツ動物公園は、「ウィーンの森」と呼ばれる、ウィーン郊外の森林地帯に位置する施設だ。日本のいわゆる「動物園」を想像していくと、大きなギャップに驚かされるだろう。 もともと、ラインツ動物公園は、ハプスブルク家の狩猟場として作られた場所だ。 そのため、大きな囲いの中に、イノシシ、シカなど、森の生き物たちがのびのびと動き回っており、どちらかといえば牧場のような印象すら受けるだろう。 この森に住み着く野生のイノシシもいるため、遭遇には注意が必要だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク