ラインツ動物公園とヘルメスヴィラの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ラインツ動物公園とヘルメスヴィラ
Lainzer Tiergartens, Hermesvilla

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Hermesstraße, 1130 Wien(ラインツ動物公園)
Lainzer Tiergarten 1130 Vienna(ヘルメスヴィラ)
トラム60線Hermesstraße駅(ハーメシュトラーセ駅)

料金

ラインツ動物公園は無料
ヘルメスヴィラ€6は

営業時間

ラインツ動物公園は8:00-21:00
ヘルメスヴィラは10:00-18:00

休業日

ラインツ動物公園は年中無休
ヘルメスヴィラは月曜

HP

・ラインツ動物園

・ヘルメスヴィラ

Lainzer Tiergartens, Hermesvilla
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ハプスブルグ家の狩猟場だった自然公園

Lainzer Tiergartens, Hermesvilla

ラインツ動物公園は、「ウィーンの森」と呼ばれる、ウィーン郊外の森林地帯に位置する施設だ。日本のいわゆる「動物園」を想像していくと、大きなギャップに驚かされるだろう。

もともと、ラインツ動物公園は、ハプスブルク家の狩猟場として作られた場所だ。
そのため、大きな囲いの中に、イノシシ、シカなど、森の生き物たちがのびのびと動き回っており、どちらかといえば牧場のような印象すら受けるだろう。
この森に住み着く野生のイノシシもいるため、遭遇には注意が必要だ。

ラインツ動物公園は誰でも無料で入場できる。場所がら、夏場にはダニや蚊が出ることもあるので、長袖の上着や虫除けなど、ハイキングと同様ていどの装備をしていくことをお勧めする。

見どころ

晩年のエリザベートが住んだ森の宮殿

Lainzer Tiergartens, Hermesvilla

ヘルメス・ヴィラは、ラインツ動物公園内にある宮殿だ。もともと「森のヴィラ」という名前だったこの宮殿は、晩年のエリザベートが森で休暇を取るために作られたという。

外見は淡いオールドローズピンク。
小ぶりな建物で、ごてごてした感じはないが、優美で美しい建築が特徴的だ。深く広い森によく似合う、柔らかい雰囲気をかもしだしている。

現在、ヘルメス・ヴィラは美術館として使われている。
建物内部には、当時の装飾品や家具・家財道具が残されており、かつてのハプスブルク家で絶世の美女と呼ばれたエリザベートの晩年をしのばせる。

編集部一押しの観光プラン

シェーンブルン宮殿やウィーンの森へ!大充実プラン

  • ウィーンのお勧めツアー

    1日でウィーンを満喫!世界遺産シェーンブルン宮殿・ブルク庭園・ウィーンの森観光

    ウィーンを1日で効率良く回るのに便利なプラン。午前中はシェーンブルン宮殿などの市内名所を巡り、午後からは個人での観光が難しいウィーンの森や、ヨーロッパ最大の地底湖ゼーグロッテを散策。文化も自然もグルメも一度に満喫できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ウィーン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ラインツ動物公園とヘルメスヴィラへのアクセス


    トラム60線Hermesstraße駅(ハーメシュトラーセ駅)

    ・ラインツ動物園
    Hermesstraße, 1130 Wien

    ・ヘルメスヴィラ
    Lainzer Tiergarten 1130 Vienna

    プラン相談

    どんなウィーン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でウィーン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテルザッハー
    海外での防犯対策グッズ