万華の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

万華 (バンカ)
萬華 (ワンファー)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Wanhua_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Wanhua

かつて台湾の原住民族であるケタガラン族が住んでいたこの一帯は「萬華」と呼ばれる。ケタガラン語で丸木舟を意味する「ヴァンカア」が「萬華」の語源となっており、この一帯に流れている川で用いた丸木舟がその語源。台北で「新荘」に次いでもっとも早くから開けた地域だ。元々は「艋舺(バンカ)」と書いていたが日本統治時代に発音が類似し、「万年の繁栄」との願いを込めて「萬華」に改名された。今でも色々な所に艋舺という表記が残っている。

見どころ

萬華区の見所としては、台北市で最も古い寺龍山寺、台北の渋谷・原宿と呼ばれる西門町、100年以上前に建てられた建物を改装した紅楼劇場、最も古くからある華西街観光夜市、清代の街並みが保存された剥皮寮、薬草を売る青草巷が挙げられる。

台北旅行者の必読記事

(Photo by 李 季霖 李 季霖)

人気記事

外貨両替窓口
台北のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク