西門町でのお土産情報、料金、アクセス・行き方、営業時間

西門町 (セイモンチョウ)
西門町 (シーメンディン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

台北市西門町

メトロ板南線、松山新店線の西門駅出口6からすぐ

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


西門町は台北の原宿と呼ばれており、地元のティーンエイジャーが集まる流行の発信基地になっている。日本統治時代初期に建てられた西門紅樓 (シーメンホンロウ)は、現在では劇場やカフェ、雑貨店などが入る複合施設となっている。若者向けの最新のファッションや靴、化粧品やグッズ、またキャラクターグッズを扱う店などの他、デザイナーによるオリジナルグッズを扱う店などがひしめいている。また、映画の街とも言われており、複数の映画館が並び、映画の看板やキャラクターが街を飾っている。

歴史

西門町というのは通称で、元々は日本統治時代の町名。かつての台北城西門の外側に位置している。1890年代後半に荒地だったこの地に、日本人が繁華街を作ったのが始まりだ。100年以上も前からの繁華街でありながら、最新の流行を感じられる不思議な街なのである。

チェック

街並み


長い歴史の先端で芽吹く新しい文化

ファストフードや台湾スイーツ、B級グルメの店も集まっており、夕方から屋台も並ぶ為夜市のような雰囲気も味わえる。テイクアウトのドリンクショップも多いので、喉が乾いたらカフェに入らず飲み歩きもするのも良いだろう。台北は町のあちこちにゴミ箱がある。

また、歩行者天国になっているエリアもあり、休日には多くの若者が集まる。日系雑誌専売店や、アニメなど日本のポップカルチャーが根付いている。日本文化のファンは「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれ、西門町は哈日族の天国とも呼ばれている。台湾の今の流行を知るのにお勧めのエリアだ。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】2日目は自由行動か観光ツアーを選択可の台北満喫ツアー

  • 【WEB限定】タイガーエア台湾<羽田早朝発&早朝帰着>で行く!受託手荷物お1人様1個15kgまで無料!!嬉しい往路送迎&朝食付 台北4日間 エコノミークラスホテルに滞在

    現地に朝到着し、帰国の際も深夜出発でたっぷりと現地の観光ができるのが嬉しいプラン。2日目は終日自由行動か、昼食付きで故宮博物院を中心とした有名スポットを巡るプランか選択できる。お手頃価格で台北を満喫できる、イチオシツアー。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他の台北ツアーはこちら

    台北旅行者の必読記事

    (Photo by Jaewon Choi Carrie Kellenberger Antonio Tajuelo)

    アクセス・入場

    西門町へのアクセス

    メトロ板南線、松山新店線の西門駅出口6からすぐ。

    人気記事

    台北のホテル
    【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集