西門町でのお土産情報、料金、アクセス・行き方、営業時間

西門町 (セイモンチョウ)
西門町 (シーメンディン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

台北市西門町

メトロ板南線、松山新店線の西門駅出口6からすぐ

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

-

Ximending
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Ximending

西門町は台北の原宿と呼ばれており、地元のティーンエイジャーが集まる流行の発信基地になっている。日本統治時代初期に建てられた西門紅樓 (シーメンホンロウ)は、現在では劇場やカフェ、雑貨店などが入る複合施設となっている。若者向けの最新のファッションや靴、化粧品やグッズ、またキャラクターグッズを扱う店などの他、デザイナーによるオリジナルグッズを扱う店などがひしめいている。また、映画の街とも言われており、複数の映画館が並び、映画の看板やキャラクターが街を飾っている。

歴史

西門町というのは通称で、元々は日本統治時代の町名。かつての台北城西門の外側に位置している。1890年代後半に荒地だったこの地に、日本人が繁華街を作ったのが始まりだ。100年以上も前からの繁華街でありながら、最新の流行を感じられる不思議な街なのである。

チェック

街並み

Ximending

長い歴史の先端で芽吹く新しい文化

ファストフードや台湾スイーツ、B級グルメの店も集まっており、夕方から屋台も並ぶ為夜市のような雰囲気も味わえる。テイクアウトのドリンクショップも多いので、喉が乾いたらカフェに入らず飲み歩きもするのも良いだろう。台北は町のあちこちにゴミ箱がある。

また、歩行者天国になっているエリアもあり、休日には多くの若者が集まる。日系雑誌専売店や、アニメなど日本のポップカルチャーが根付いている。日本文化のファンは「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれ、西門町は哈日族の天国とも呼ばれている。台湾の今の流行を知るのにお勧めのエリアだ。

編集部一押しの観光プラン

スムーズかつ安全な夜の九份散策

  • 台北のお勧めツアー

    夜の九份観光ツアー+夜市散策☆鼎泰豊食事券付きプランあり

    赤提灯揺れる街・九份を訪ねるために鉄道を利用する旅行者は多いが、この超人気プランなら車で直行だ。日本語ガイドのスムーズな誘導のもとで風情漂う夜の九份を観光、さらに台北二大夜市の饒河街夜市も散策して買い食いも体験できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • 台北旅行者の必読記事

    (Photo by Jaewon Choi Carrie Kellenberger Antonio Tajuelo)

    アクセス・入場

    西門町へのアクセス

    メトロ板南線、松山新店線の西門駅出口6からすぐ。

    プラン相談

    どんな台北旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「2万円以内で台北旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    台北のホテル
    海外での防犯対策グッズ