スポンサーリンク

中央銀行貨幣博物館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

中央銀行貨幣博物館
Central Bank Money Museum

2016/08/04 更新

概要

貝殻がお金だった?マニラのお金の歴史を知るなら「中央銀行貨幣博物館」

フィリピンで最初に使われた通貨の貝殻から世界各国のコイン、フィリピン国内で発行されたコイン、紙幣まで様々な通貨が展示されている。
特に中国の銅銭、占領時の通貨であるスペイン、アメリカ植民地時代のペソ札や日本統治時代の軍票などの史料は、植民地時代の歴史を感じられ興味深い。
隣接するフィリピン中央銀行の窓口では記念コインや記念紙幣を購入することができるので、旅の思い出に購入するのもよい記念になるだろう。

ハリソン・プラザ前に位置する中央銀行の入口の裏手に当博物館の建物がある。
博物館を見学するには、中央銀行敷地内に入ることになるが国の重要な機関である関係上警備も厳重で見学の手続きには若干手間がかかる。
外国人の場合、手荷物とパスポートを預けて通行証を借りて入館しなければならない。
当然内部は写真撮影禁止になっているので注意したい。

中央銀行貨幣博物館の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク