スポンサーリンク

モンテの砦の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

モンテの砦 (モンテノトリデ)
大炮台 (フォルタレザ・ド・モンシ)

2016/08/04 更新

Fortaleza do Monte

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

マカオの街を守る軍事拠点、マカオ最強の要塞跡

Fortaleza do Monte

1617年頃、イエズス会の修道士たちがモンテの丘と呼ばれる小高い丘の上に砦を築いた。
丘全体に防壁が建てられ、敷地内にはやがて軍の宿舎や兵器工場、貯蔵庫が置かれ、マカオ最強の要塞となった。

その後ポルトガルとオランダの間でマカオをめぐって争いが起き、1622年にマカオに上陸したオランダ軍を、モンテの砦からの砲弾が撃退した。
それにより、オランダ軍は撤退し台湾に上陸、ポルトガルがマカオを、オランダが台湾を統治することとなった。

北側の城壁は、中国からの要請により低く作られている。
砲台は、南、東、西側に向けられており、北側に向けた砲台はない。
今もなお砦の至るところに並ぶ22の砲台は、マカオの激動の時代を忍ばせる歴史的遺産の一つである。

見どころ

マカオの街を一望できる、観光名所

Fortaleza do Monte

一時期ここに気象庁の建物が置かれていたが、現在は、マカオの歴史を伝える観光地として多くの人で賑わっている。
海抜52メートルの丘の上に建つモンテの砦からは、マカオの市街を360度見渡すことができる。
夜は、マカオの街の煌びやかな美しい夜景が楽しめる。

セドナ広場から、聖ドミニコ教会を通って坂道を登って行くこともできるが、かなりきついので無理せずマカオ博物館のエスカレーターで登るかタクシーを利用するとよい。
博物館が休みの月曜日はエスカレーターが使えないので注意。

砦のすぐ近くに聖ポール天主堂跡があり、火事で建物が焼け落ち残された正面部分を上から見下ろすことができる。
北側には、古い中国風の街並みと、海の向こうの中国本土が見える。
南側にはグランド・リスボアホテルやマカオ市街が見渡せる。
グランド・リスボアにまっすぐに向けられた砲台の前で記念写真を撮る人が多い。

モンテの砦の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク