銅鑼湾天后廟の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

銅鑼湾天后廟 (コーズウェイベイ・テンゴウビョウ)
銅鑼湾天后廟 (コーズウェイベイ・ティンハウミュウ)

2017/05/15 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Causeway-Bay-Tin-Hau-Temple_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Causeway Bay Tin Hau Temple

銅鑼湾(コーズウェイベイ)天后廟は、維多利亜公園(ビクトリアパーク)の近くに位置する天后廟だ。朱色の門や鮮やかな緑の瓦屋根等の華美な装飾が施され、香港各地に数多く存在する天后廟の中でも、浅水湾(レパスルベイ)や油麻地(ヤウマテイ)の天后廟と並んで有名である。

見どころ

1700年代初頭にビクトリアハーバーの海岸沿いに建てられたが、沿岸の埋め立てによって、現在では海岸線より約300メートル内陸に建っている。天気を予測できる特殊な能力を持ち、漁に出る漁師と海の安全を守ってきたと言われる海の守護神、天后を祀る。今でも変わらずに地域の人々の安全を守り続けている。

香港旅行者の必読記事

(Photo by Chong Fat Chong Fat)

人気記事

外貨両替窓口
香港のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク