スポンサーリンク

牛街でのお土産情報、料金、営業時間、アクセス・行き方

牛街 (ギュウガイ)
牛街 (ニウジェ)

2016/08/04 更新

Niujie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

北京のイスラム教の街

Niujie

牛街は中国の少数民族の一つである回族、すなわち中国人イスラム教徒が暮らしているエリアだ。
北京市の外城の西側に位置し、中国最古のイスラム教寺院、牛街清真寺の周り一帯に広がる牛街。
かつては、古い平屋が並び狭い路地が入り組んだ、他の地域とは明らかに違う雰囲気だったが、近年、道路は拡張され、いくつかの高層マンションやショッピングセンターが建ち、その面影はなくなりつつある。
現在は約1万人のイスラム教徒が暮らしている。

通りには牛肉や羊肉を使った料理のお店が多く並び、回族用のスーパーマーケットや羊肉を専門に扱う牛街清真牛羊肉市場、民族洋品店があり、普段あまり目にすることのない独特の商品が並んでいる。
牛街で新疆料理が楽しめるレストラン、吐鲁番餐庁(トルファンレストラン)は、食事の時間帯には行列ができるほどの人気だ。

見どころ

牛街モスク

Niujie

996年にアラビア人僧侶の息子の指揮によって創建されてから1000年以上の歴史を持つ、北京で最古で最大のイスラム教モスク、牛街清真寺
建物は中華風の瓦屋根に赤を基調としており、これほど鮮やかなモスクは他に類を見ない。
牛街のシンボルとも言える牛街清真寺には、礼拝の時間になると多くのイスラム教徒が集まる。

男性用、女性用の礼拝堂があり、礼拝時間以外であればイスラム教徒以外でも10元で参観することがでるが、あまり肌を露出しない服で参拝するよう注意が必要だ。
寺院内は静かで、中国風の庭園があり、多くのイスラム教徒が集っている。
北京市内にありながらどこかエキゾチックな雰囲気が漂う牛街は、イスラム教徒の精神的な家として民族の伝統を受け継いでいる。

牛街の危険対策


(Photo by Omar A. Rudy Herman IvanWalsh.com)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク