スポンサーリンク

国貿の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

国貿 (コクボウ)
国貿 (グォマオ)

2016/08/04 更新

Guomao

スポンサーリンク

概要

北京の中枢エリア

Guomao

国貿は、北京のビジネスエリアの中枢、通称CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)だ。
北京を東西に走る建国門外大街と東三環路との交差点エリアを中心に広がる。

中国国際貿易センター(チャイナワールドトレードセンター)を中心に、中国国際展覧中心、北京テレビセンターなどをはじめ、金融や貿易などのビジネス機関が集まり、中国大飯店や国貿飯店などの高級ホテルが入る高層ビルが立ち並ぶ。
近年高層マンションや大きなショッピングモールなどの建設が進み、日々変化しているエリアだ。
国貿エリアにある外資系企業で働く多くの外国人が暮らすエリアでもあり、中国料理、日本料理、インド料理、イタリア料理など、多国籍なレストランが点在している。

見どころ

日々変化する国貿

Guomao

国貿エリアで最も目を引くのが330メートル高さを誇るビル、中国国際貿易センター(チャイナワールドトレードセンター)第3期ビルだ。
中国国際貿易センターは、第1期、第2期、第3期ビルを含め、5つの高層ビルで構成されている。
その近くには、北京テレビセンター、中国中央電視台本部ビル、北京銀泰センターなど、200メートルを超える高層ビルが集まっている。

建外SOHOと呼ばれるオフィス、ショップ、レストランが入る大型複合施設は、日本人デザイナー山本理顕によってデザインされた真っ白な壁が特徴だ。
また大きな液晶天井が人気を集めているショッピングモール世貿天階(ザ・プレイス)は、地元の若者や多くの観光客で溢れている。
次々と新しいビルが建ち、再開発が著しく日々変化する国貿は、活気に溢れ、多くの人で賑わっている。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット